fc2ブログ
こんにちは ナース7Qです。

先般、教育研修推進室が中心となって企画した「多重課題シミュレーション研修」が行なわれました。
これは今年度採用となった新人看護師を対象にして、
病室と同じ設備を備えた実習室で行う多重課題・時間切迫に関する研修です。
先輩が病棟特有のシナリオを検討し、研修後個別にプリセプター(新人教育研修者)がフィードバックを行ないます。

私は認知症の患者役で参加しました。
真夜中に、私に付いている動きを感知するセンサーが鳴って新人が訪室した後、
隣の患者が急変したという設定です。
隣のベッドで新人が必死に心臓マッサージをしている緊迫した雰囲気が、カーテン越しに伝わって来ます。 

写真① 多重課題シミュレーション研修で使う人形フィジコ


そこに再度私の出番、何しろ「多重課題」ですから心を鬼にして(?)ごそごそ。

新人看護師は私の動きを察知して優しく声を掛けてくれましたが
「さっき看護師さんに水を飲ませて貰ったのでトイレに行きたいような…。 朝になったから、お爺さんの朝御飯準備しに家に帰らんと…」と、独り言と不穏な動きをひたすら行ないます。
そこへ先輩看護師が登場して…と続きます。

開始から終了のブザーが鳴るまで一人の持ち時間は4分間ですが、
新人たちには6分にも8分にも感じたそうです。
「前日から気になって眠れなかった。」とも話しており、先輩看護師と振り返りを行ってからも放心状態の表情で、いかに緊張していたかがこちらにも伝わってきました。


写真② 多重課題シミュレーション研修


この多重課題シミュレーション研修が行なわれるにあたっては、
何回も場面設定と評価項目を検討した新人教育担当者、
各新人に適切な評価と指導をしてくれるプリセプターが頑張ってくれました。
又、教材の提供を始めとして担当者の指導に協力を頂いた教育研修推進室にも感謝しています。 

新人たちも半年が過ぎて、自分で判断・実施する事も増えてきました。
これからも先が楽しみです。

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2013.01.30 Wed l 院内研修会・講演会 l top
こんにちは管理栄養士のポッキーです。
栄養課では糖尿病教育入院の方を対象に調理実習を行っています。
1983年から教育入院を開始し、開設当初より入院教室内で調理実習を実施しています。
歴史は長く、私たちも引き継いで実習を行っています。
調理実習室は当院13階の調理実習室で行い、窓からは宍道湖や街並みが見え景色がとてもきれいです。

無題


実習台は2台あり、調理器具は家庭と同じサイズでオール電化です。

調理実習は患者様本人と家族にも参加して頂き、看護師の協力のもと行っています。
献立はこちらが提示するのではなく、本人の希望に沿った内容とし、
バランスについては食品交換表をもとに一緒に確認します。
過去に行った献立です。

5_20130110132215.png

6_20130110132216.png


この他にも、天ぷらそばや親子丼、オムライス、水炊き、焼き肉など患者様の希望に沿ったメニューで行っています。
患者様自身で作りたいメニューのバランスを考えて献立を作成し、実際に調理して食べる事により食事療法に対する理解度が高くなる事が分かりました
(11月16日「日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会」で「より良い調理実習に向けて-糖尿病教育入院患者に対するアンケート調査から-」研究でのアンケート結果より)。


糖尿病教育入院の患者様以外にも腎臓食や嚥下食、離乳食などの実習も行っています。
今後も患者様に役立つ調理実習を行っていきたいと思います。

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。


2013.01.28 Mon l 栄養課からのお知らせ l top
がん化学療法研究会のご案内

化学療法科部長の曳野です。

最近、医療の質(Quality index)という言葉をよく耳にします。
化学療法でのQuality indexは、「安全」、「確実」、「安楽」という
三つのキーワードに集約されると思いますが、具体的にはどんなことがあるのでしょうか。
今回の研究会で「安全」、「確実」というテーマに関して、
認定薬剤師、認定看護師が院内での取り組みについて発表します。
そして「安楽」にという難しいテーマに関しては、
がん研有明病院外来治療センターの藤木由佳子先生に
「患者満足度を上げる努力」という内容でご講演をいただきます。
化学療法でのQuality indexについて、一緒に考えてみませんか?
多数の方のご参加をお待ちしています。

img-116084151-0001.jpg

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2013.01.25 Fri l 病院いろいろ l top
看護師のKMです。
10階リハビリテーション病棟では、昨年度、餅つき大会を行いましたが、
とても好評で、今年度もぜひとの声もあり、12月26日の午後、
1時間程度リハビリテーション室をお借りして鏡餅作りを行うことといたしました。
病棟の餅つきのプロジェクトメンバーとリハビリテーション科のメンバーそれに栄養課とで入念な打ち合わせ会を行い、物品を準備し、当日に臨みました。
当日は、10階病棟に入院中の患者さんに大勢集まってもらいました。
まず、鏡餅の謂れを説明して開始。栄養課からもち米を蒸したものを持ってきてもらい、臼の中へ・・・

DSCF5014.jpg


患者さん達の声援の中、院長先生についていただきました。

DSCF5019.jpg


途中からリハビリテーション科のスタッフに交替し、2回に分けてお餅を作りました。

DSCF5042.jpg


少し粒の残る柔らかめのお餅でしたが、手作り感が十分あって味わい深い鏡餅になりました。
作った後は患者さんのベッドサイドに飾ってもらいました。
外泊もできない患者さんも多い中、ほんのちょっとお正月気分を
味わってもらうことができたかな?って思っています。

DSCF5058.jpg


今どき杵と臼でお餅をつく事ってほとんどない中で、
私も慣れないながら手返しなんぞをさせてもらいました。
翌日筋肉痛になったのはいうまでもありません。
来年のためにもう少し体を鍛えねば・・・と思うこの頃です。

DSCF5092.jpg


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2013.01.24 Thu l 松江日赤イベント l top
初めまして、事務部のTです。

12月12日に行なわれたメンタルヘルスケア研修会Iに参加しました。
昨年に引き続き、2回目の参加となりました。
当日は研修医、看護師、コメディカル、事務等を含め総勢61人で
かなり賑やかな研修会となりました。

写真① ポスター いよいよ研修が始まります!


事前の打ち合わせで、同じ事務部のSさんと司会をすることになりましたが、
いざ本番では自己紹介をせずに研修会をスタートするという司会ぶり(^^;)で、
メンタルヘルス部会の皆様を冷や冷やさせてしまうことに。。。

小森副院長より講師の足立智昭先生の紹介を挟んで、いよいよ研修スタートです!!

写真② 小森メンタルヘルス部会長挨拶 足立先生 今年は司会や受付もしてWelcome!


アイスブレイキングは、「早起きは三文の得ゲーム」。
ルールとしてはグループごとに分かれ各自、朝起きた時間と名前、
自分の好きなことの絵(例えばカラオケならマイク)を書いて、
起床時間の早い人から順番に円陣に並びます。

そして先頭の人から順に「○○が好きな○○△△です」と自己紹介をしていき、
隣の人が「○○が好きな○○△△さんの隣にいる、××が好きな□□※※です」と言う感じで前の人が言ったことをすべて繰り返しつつ自己紹介をしていくゲームでした。
後半になればなるほど、覚えることが増えていくので思い出すのに苦労しました・・・。
やっぱり、朝は早起きした方が得ですね(^^;)(笑)

写真③ アイスブレイキング 早起きは三文の得ゲーム!ほんと!?


次に、先輩による自己体験の語りということで、
2、3年目の先輩に5分程度でお話をして頂き、さらに先輩の上司からの応援メッセージを聴きました。
3年目ということで経験されたことも多く、1年目の人たちにとっては
かなり貴重な話が聞けたのではないでしょうか。
もちろん、2年目の自分にとっても参考になる部分、見習うべきところを発見出来た
収穫の多いものとなりました。

写真④ 体験談の発表と上司の方からのメッセージを聴いた後に話し合い、発表

その後、各グループで先輩のお話を受けて思ったこと感じたことを話し合いましたが、
「先輩も自分と同じような境遇にあったことに安心した」
「来年は自分たちも後輩が入ってきて先輩の立場になるが
不安な面もある(不安の方が大きい)」「係長さんや上司からの信頼が厚い」
などの感想が聞かれました。

写真⑤ 話し合い中


今回の研修は、同じ職場にいながらあまり顔を合わせることがない他職種の方と話す貴重な時間になりました。
「新人の悩みは職種に関係ない」と知って親近感を感じ、
今後も今回のような研修会を通して職種の垣根を越えた交流が出来れば・・・と思いました。

4月には新しい後輩も入社してくると思いますが、
悩んだり落ち込んでいる後輩に気づき、手を差し伸べられるような先輩になれるよう
日々精進していきたいと思います!!

写真⑥ お疲れ様でした!!


最後に、今回の研修を企画してくださった看護部の皆様、人事課の皆様、
アイスブレイキング担当の皆様、受付の皆様、司会を一緒にやったSさん、
本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。


2013.01.22 Tue l 院内研修会・講演会 l top
桃色kakoです。

去る11月29 日と12月13日に看護助手研修があり参加しました。
全員参加という事だったので、病院の中の桃色軍団が消えた一時間だったと思います。

写真①


さて、今、私達看護助手の置かれている状況はとても重要な転換期に来ています。
この研修会では改めて助手業務を振り返る研修だったのかなと思いました。

私も助手になって丸25年がたとうとしています。この25年間でいろいろと
看護助手業務が変わり、対応してきました。
子供が小さい時はできなかった事も今ならできるかもなぁと思う反面、
今度は年令による体力不足があるかも…(笑)

写真②


子育て真っ最中の人はできない事もあるかと思いますが、
みんないい病院にするための協力は惜しまないと思ってます。

最後になりましたが、気持ちよく全員を研修会に参加させてくださいました
病棟外来等のスタッフの皆さんに感謝します。

写真③ 島根県 フォトギャラリー

島根県フォトギャラリー 堀川遊覧船 冬 

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2013.01.21 Mon l 院内研修会・講演会 l top
認定看護師の方と一緒の病棟で働いている2年目の看護師です。

認定看護師報告会に参加しました。
認定看護師の方の話を聞き、院内で12名の認定看護師が活躍しておられることを知りました。
認定看護師を目指すきっかけとして、
「もっと良い看護をしていきたい」「もっと知りたい」という気持ちであったことや、
1年間程度仕事と両立しながら勉強し、たくさん努力をしながら取得されていることも知ることができました。

認定看護師報告会 ポスター


院内だけでなく、地域へ出向いて勉強会を開くなど院外でも活躍しておられ、
地域の方たちはこうした勉強会で知識を得ることで、安心感に繋がっているのではないかと感じました。

また、認定看護師の介入事例を聞き、患者様にとって良い看護をしていくためにも、
専門分野で多くの知識を持っておられる認定看護師の力を借りることで、
困った事例やわからないことなど相談し介入してもらうことも良い看護に繋がると思いました。

写真① 副院長と認定看護師さん

今回、認定看護師の方々の貴重な話を聞くことが出来て、とても勉強になり参加できて良かったです。
私の病棟でも資格を取得し活躍しておられる認定看護師の先輩がいらっしゃいます。
本当に尊敬する方で、先輩を見習い先輩のような看護師を目指して行きたいと思います。

写真② 今までで一番たくさんの参加者の方達


認定看護師のページはこちらです。

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2013.01.18 Fri l 専門看護師・認定看護師 l top
こんにちは、チームれんけいのがん連携パスコーディネーターです。

がん地域医療連携クリニカルパス(以下連携パス)運用が開始されて、1.5年以上になりました。
松江圏域は、保健所を中心に5大がん(肺・胃・大腸・肝・乳)の各検討会が設けられ、
各々の検討会でパスの導入と発展を考えようと統一した連携パスの検討を行い、導入になりました。
乳がん連携パスは、5大がんのなかでも運用数が1位です。
当圏域は、内科の開業医さんが多く、当初、その運用が懸念されていました。
しかし、開業医の先生方の「かかりつけ医」としての意識が高く、
患者さんのために連携医として協力をして下さっています。
乳がんは、特殊でフォローの視点がわかりにくいという意見もございまして、
昨年から勉強会を実施させていただいています。

CIMG1284.jpg
CIMG1282.jpg


今回、2回目の勉強会で、「運用進捗状況・視触診・乳がん放射線療法・新連携パス(化学療法後)の紹介」などの内容で開催しました。
参加人数25人(当院の参加者を除く)で、大盛況でした。
患者さんを中心に当院の医師とかかりつけ医と連携しあって、少しずつではありますが、
切れ目なく医療の継続ができるよう頑張りたいなと思いました。

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2013.01.17 Thu l 地域とつながります l top
リハビリテーション課のrihakoです。
12月5日(水)、メンタルヘルス研修会Ⅱに参加しました。

島根大学教育学部の足立智昭准教授を講師に迎え、実務経験10年以上の職員を対象に行われました。
初めは、メンタルヘルスの研修会って何するの?とやや疑問でしたが、
研修が進んでいくうちにだんだんと楽しくなってきて、3時間ちょっとの研修が
あっという間に終わってしましました。小森副院長が最後のあいさつで、
「みなさん、口角が上がっていい顔をしていますね」と言われましたが、本当にその通りで、
最後はみんなが笑顔になっていることが印象的でした。
この研修で気持ちをリフレッシュすることができ、
帰りはみんなの足取りも軽かったように感じました。

ポスター メンタルヘルス研修Ⅱ


今回の研修での目標は「傾聴を通じて、お互いに支えあうことの大切さや
自分の中に問題解決能力があることに気付く」ということでした。
人生経験も豊富な先輩方から私のようにやっと10年そこそこ経過した若者(?)まで、
職種も様々であり、色々な人の話を聞くことは大変興味深く勉強になりました。
人に自分の経験を話すことや人の話を聞くことを通して、
自分の持っている能力(研修ではリソースという言葉で表現されていました)について
再認識することができました。

写真① メンタルヘルス研修Ⅱ


一緒に参加した後輩が「この研修にこんなに時間をかけてくれるなんて、
日赤っていい病院ですよね。もっとたくさんの人に受けてもらいたいですね。」と言っていましたが、
本当にその通りと思いました。
今後もこのメンタルヘルスの研修会を継続してもらい、少しでも多くの職員が、
笑顔で働ける職場となるように願っています。

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2013.01.16 Wed l 院内研修会・講演会 l top
すっかり寒くなりましたね。なすたまです。
過日、松江城周辺では歴史ある「鼕行列」のイベントが行われている傍ら、
イベント会場の目と鼻の先にある日本赤十字社島根県支部(松江市殿町)で
災害看護論研修を行いました。

赤十字施設に就職した看護職員は、災害救護活動が適切に行える赤十字救護看護師になるために、
入社1年目に赤十字概論、2年目に災害看護論、3年目に赤十字救急法の研修を行います。
今回は、その2年目にあたる看護職員の研修でした。

当日は、晴天に恵まれ研修日和。
「鼕行列」のイベントから聞こえてくる鼕の音に元気をもらいながら、
そして道行く人達に励まされながらの研修となりました。

写真① テント設営に真剣に取り組んでいる後ろを鼕行列の準備に向かう山車屋台が通りました

研修は赤十字救護服を着用し、災害救護活動時の基礎行動訓練、非常食炊き出し準備、搬送訓練、無線訓練、救護所設営等を行いました。

写真② 赤十字救護看護師になるためには


写真③ 救護活動中の衣食住は自己完結が原則


災害時に看護職員として自分に何ができるのか…。そんな自問自答を繰り返しながら、いざという時に役割発揮できるようみんな真剣に研修に取り組みました。
研修終了時には、赤十字組織の一員としての自覚も高まり、救護服がとても似合う表情で支部を後にしました。

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2013.01.15 Tue l 院内研修会・講演会 l top