fc2ブログ
救護班第1班で出動した看護師長の内田です。
この度の「東日本大震災」で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。


「赤十字の看護師であるならばいつかは救護活動に出かけなければならない」
漠然とした覚悟は持っていましたが、その日は突然にやって来ました。

震災の翌日3月12日から15日、私たち救護班第1班は茨城県ひたちなか市で救護活動を行いました。
待機命令から出動までの時間が少ない中、医療機器・資材や個人装備を早早で準備しての出発でした。
当初、どこへ行くのか、どのような活動になるのか全く分からないままで準備を進め、活動がひたちなか市での巡回診療になると知ったのは出発間際でした。

救護班第1班10

2台の救護車両に分乗し、高速道を東へ東へと走りました。
早く到着し、活動しなければと焦る思いがありましたが、到着したのは出発から28時間経ってからでした。
この時間が結果自分自身を落ち着かせる時間になりました。

山梨日赤のDMATから引継ぎを受け活動開始となりました。
私達の担当は避難所である社会福祉センター「しあわせプラザ」に救護所を設置し、周辺の避難所計4箇所の巡回診療でした。
活動体制を救護所待機兼しあわせプラザの巡回と周辺避難所の巡回の2班に分けました。
また、救護所は24時間開放とし看護師2名が交代で待機しました。
被災者の皆さんが何を欲しているのか、被災者の声を聞くのが私たちの活動への一番の近道ではないか、日頃から患者のニードの充足のために患者の訴えに耳を傾けている私たち看護師にできることだと自分自身に言い聞かせ、一人でも多くの人に声を掛けようと活動しました。

救護班第1班11

震災後3~4日目でしたのでライフラインは寸断されたまま、震度3~4の余震が続く中、巡回して聞こえてきたのは「怖くて家に帰れない。ここにいるほうが安心」「余震が怖くて夜眠れない」「食べる物がない」と言った声でした。
何もできず話を聞き、体をさすることしかできませんでした。

班員はそれぞれの立場で自分の役割を認識し、判断し行動していました。
避難所の巡回の中で継続して処置をしなければいけない方の看護カルテを作成し、情報の共有化を図ったり、救護所が診療しやすいように整理整頓され診療所らしくなったりしました。

救護班第1班12

同じ状況下で励ましあい、助け合ううちに一つのチームになれたと思います。
この班でよかったと感じました。
避難所での巡回をしていると飴玉を数個ポケットに入れてくださったり、声をかけると「ありがとう」と笑顔で答えてくださったりと過酷な状況の中でも人を思いやる心、人の温かさに触れる時間でもありました。

帰省後被災地と日常のギャップが大きく、周囲は日常の生活が淡々と流れているのに、気持ちはまだひたちなか市に置いてきたのか、自分だけは流れが止まっているかのように感じられました。
活動中、後方で支援していただきました、支部・病院の方々に感謝いたします。

最後になりましたが、今回被災された方々に1日でも早く笑顔が戻ることを祈っています。


2011.05.30 Mon l 赤十字の活動 l top
こんにちは、出雲弁が得意なおばさんNs・Kです。
昨年、新病棟に移転し、あっと言う間に1年が過ぎました。
改めて病棟の一部を紹介したいと思います。

新病棟の廊下には飾り棚が設置されています。
また、オープンカウンターのため広い空間があります。
移転当初は、「何を飾ろうか」、「師長の写真?だれも喜ばないよ」など冗談を交えながら考えていましたが、どこからともなく作品が集まりました。
すべて患者さんの作品です。
この他に季節ごと、春には桜の花(病棟の管理上造花ですが)、3月にはお雛様(患者さんの作品)、正月には門松(百均)など季節を考えた作品も飾っています。


ナースステーションの入口・このスヌーピーは移転当初、患者さんがお祝いと励ましのメッセージ電報を送ってくださったものです。
メッセージを抱いて病棟スタッフを見守っています。
病棟1


カウンターにそっと置かれていた折鶴です。
いつの間にどなたが置いてくださったのかだれもわかりません。
でも、見ているだけで心が温かくなります。
病棟2


飾り棚1・昨年、松江市で行われた舟神事・ホーランエンヤの記念の酒杯(Dr寄贈)、2匹の亀(患者さんの手作りの作品)、大小の折鶴(飾り棚の隣の病室の患者さん方の作品)
病棟3


飾り棚2・花瓶(患者さんの手作りの作品)
病棟4


これからも患者さんの作品やスタッフの作品を飾ったり、季節を感じるような工夫をし、患者さんに楽しんでいただける空間を作っていきたいと思います。
皆様からの作品を募集しま~す(´∀`*)ノシ


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院看護部ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2011.05.27 Fri l 病院いろいろ l top
新病院建設室の田中です。

今日は5月1日に行なわれた、チャリティーライブ『東日本大震災復興支援ライブ届け!!まつえ~る』の報告です!
松江テルサ テルサホールにて午後6時から松江市出身のアーティスト5組によるチャリティーライブが行なわれました。

出演順に・・・・・・
Arjiさんのパワフルでよく通る素敵な歌声に感動。良い声しててとっても上手い。
門脇大樹さんの語りに本当にミュージシャン?コメディアン?との思い。もちろん曲も良かったです。
すやまとしおさんの震災にて大学時代の友人を亡くされたお話、またギターテクニックの素晴らしさに思わず泣いてしまいました。
六子ちゃんの透き通った歌声の素晴らしさ(実は大ファンなんです)
遊吟さんの落ち着いた兄弟デュオのあのハモリ。やっぱメジャーですな。すんばらし~い。


出演者の皆さんは、復興の一助となるべく『東北の皆さんに届け』とばかり一生懸命歌っておられました。
ド素人の私にも胸にビンビンと伝わるものがありました。
オッサン(私)なんて、知らぬ間に泣きながらステージに引き込まれてしまいました。
感動をありがとうございました。

コンサートの収益金を日本赤十字社島根県支部にご寄付いただきました。
皆様、本当にありがとうございました。
(写真は島根県支部事務局長が義援金の目録を受け取っている場面です。)

まつえ~る2

まつえ~る1


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2011.05.25 Wed l あふた~ファイブ l top
石巻赤十字病院の救命救急センターを支援するため、研修医を1名派遣しました。

救護班28

2週間の予定で、先に石巻日赤支援に行っている医師とともにERでの診療にあたります。

活躍を期待します。


2011.05.24 Tue l 赤十字の活動 l top
こんにちは、外来看護師長の佐藤です。

平成24年度に低層棟(外来部門が入る棟)の完成予定です。
いま外来では、新しい外来看護の構築に日々奮闘中です。
1.外来看護体制の整備 2.外来・病棟・地域の継続看護 3.外来病棟の一元化 4.看護専門外来の充実など、大きな構想を描きながら頑張っています。

昨年は、日赤医療センター・島根県立中央病院・松江市立病院におじゃまし、外来運用を学習させていただき大変お世話になりました。
現在、外来はハード面でも分かりにくくご迷惑をおかけしていますが、新病院ではハード・ソフト共に生まれ変わります。

外来1
新しい外来に向かって頑張っています。

外来2
外来には関係ありませんが、ちょっと一息の1枚
島根には緑の桜があります(御衣黄)
雲南市三刀屋町で撮影


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院看護部ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2011.05.23 Mon l 看護師の声 l top
このたびは日赤病院院友会テニス部の紹介です。
小生(心外科 添田)もトシですが、現役です。
3年前には、全国の日赤スポーツ大会の団体戦に出場させていただきました。
昔はたくさんの院内クラブがあり、バレー部なども全国大会で大活躍したとのことでした。

大所帯だったテニス部も現在は小規模ですが、しぶとく生き残っております。
院友会何とか部がたくさん復活し、いろいろな職種の人の親睦が広がると、院内の活気があがり、人の和も良くなり、そんな明るい職場の雰囲気のほうが患者さんのためにも好ましいと思います。
個人個人のワーク・ライフバランスとしても良いと思いますよ。
写真は、テニス部の合宿時のものです。
小生にとっても結構、気持ちの支えになっています。

院友会テニス部


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2011.05.20 Fri l あふた~ファイブ l top
こんにちわ!(^^)! エコです。
4月30日に「しまねの看護師就職キャンペーン 合同説明会」に行ってきました。
私は今回初めて参加し、感想も含めて少し紹介してみたいと思います。

会場の「ラピタ ウエディングパレス」で、パネルや赤十字の旗などを運び入れ、当院のブースを整えていきました。
会場には県内の27病院のブースが設置されていました。

合同セミナー1

当院は2年目の看護師2名、事務2名、看護部3名に加え、今年は研修1年目、2年目の医師にも参加してもらいました。
総勢9名で、“来春にはたくさんの方にきていただきたい”という気持ちでアピールしました。
2年目の看護師は、新卒のころを振り返りながら新人研修や病院のようすなどを話してくれました。
前日までに写真を見ながら、自分達でびっしり原稿を用意してくれて、自分達の思いも伝えてくれていたと思いました。
その姿を見て、1年間の成長は素晴らしいと看護部長も目を細めていました。

合同セミナー2

合同セミナー3

合同セミナー4

今年は新しく研修医にも参加してもらいました。
違った視点から見た当院の看護師を語ってもらい、参考にしてもらおうという思いでした。
その狙い通り、当院の看護師のことを一緒に働く仲間として医師の立場から、的確に伝えてもらえたと思います。

合同セミナー5

そして、最後に全員で「一緒に働きましょう!」と、少し照れながら、思いを伝えて終了しました。

合同セミナー6

持ち時間30分で5分間のインターバルで7クールの予定でした。
さすがに少しずつ疲れが見え始めたころに(なぜか、写真もぼけてしまった?)・・・30分のカフェタイムがあり、コーヒーとケーキをいただいて、元気を回復して後半に更にパワーアップしましたヽ(^o^)丿…うれしかった!!

来てくださった多くの方と、来春には一緒に働けることを願いつつ最後に記念写真を撮り、ラピタを後にしました。
多くの方々には、ぜひ病院に見に来て、聞いて、感じて決めてほしいと思います。

合同セミナー7

ということで、
***病院見学、インターンシップお待ちしてま~す***


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院看護部ホームページ
病院説明会のご案内(6月4日、7月9日)
平成23年度インターンシップのご案内



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2011.05.17 Tue l 看護師の声 l top
石巻赤十字病院の院内救急部門を長期的に支援するために当院から医師1名を派遣しています。
期間は5月14日~6月14日までの1ヵ月間。
支援のために派遣された医師は、過去にはカンボジア難民の救援にも行ったことのある経験者です。
活躍をお祈りします。

また、6月の半ばには約2週間の予定で、同じ石巻日赤の院内救急支援の看護師を2名派遣する予定になっています。


救護班27


2011.05.17 Tue l 赤十字の活動 l top
こんにちは、医療安全推進室長、副院長の中岡です。

今回のテーマは「後遺障害と損害賠償」です。

「医療行為」(投薬、検査、処置、手術等)は必ず目的と必要性があり、
患者さんの同意のもとに行われます。
その「医療行為の結果」はある程度予測されますが、
必ずしも予測通り、期待通りにならないことがあります。
また、予測が可能であっても結果の回避が不可能な場合もあります。
これは「医療の不確実性」と言われています。
しかしながら、予測や期待に反し、後遺障害を残したり、亡くなられた場合、
患者さん、ご家族にとってはなかなか納得しづらいのが人情です。

MM


医療者側の思いと患者さん、ご家族の思いには大きな開きがあることがあります。
この開きを少しでも縮めることができればと思います。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院医療安全推進室



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2011.05.16 Mon l 医療安全 l top
ごぶさたしています。看護部ののりねこです。
早いもので新年度になり5月に入りました。

看護部では多くの委員会活動を行っていますが、
昨年度の感染対策担当者会では
『手洗い』
『手指消毒』
『プラスチック手袋の着けはずし』
『プラスチックエプロンの着けはずし』
が正しい方法でできるようにする取り組みを行いました。

担当者が所属する部署の看護師と看護助手を対象に方法を指導し、
そのあと正しい方法でできているかをテストしました。
約470名が合格し、合格者には合格シールをわたしました。

感染担当者


実際の場面でも手順どおりにできているか、目を光らせています。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院看護部ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2011.05.13 Fri l 専門看護師・認定看護師 l top