fc2ブログ
救護班第1班として活動しました、形成外科の安楽です。
救護から帰院後1ヵ月を経過しました。
遅ればせながら第1班の活動報告をさせていただきます。

------------------------------------------------------

(前編からの続き)

救護所で山梨赤十字病院のDMATから引き継ぎを受け、いよいよ活動開始となりました。
当班の担当は救護所での診療および周辺4か所の避難所での巡回診療でした。
活動内容は活動本部があり指示を受けるわけではないので、事務職員が情報収集、車の運転、食事の準備、拠点設営、医事受付などを行いました。

救護班第1班6

診療では昼間は2班に分かれ巡回診療班と救護所での待機班に分かれて活動し、夜間も救護所を24時間開放とするために、交代で待機して受診に備えました。

救護班第1班7


まだ地震発生から3日目でしたので、一見被災者の方は元気で、島根から救護に来たことに感謝され、お礼にとただでさえ不足している食料の中から、配給された魚の干物をさし出そうとする方がいたりなど、極限の状態でも他人を思いやる心にふれ、私たちが心の救護を受けた思いでした。
しかし、活動2日目以降は徐々に体調を崩す方が出てきて診療も忙しくなってきました。
投薬、点滴処置、褥瘡処置などを行いました。

救護班第1班8

夜間にグループホームからの避難者が意識消失から呼吸停止し救急搬送を要請したり、あっという間に3日間が過ぎて行きました。
3日目の午後、益田赤十字病院のチームと交代し帰路につきました。
帰りは東京まで車で移動し、羽田空港から飛行機で帰還しました。
救護を無事終えることができ満足感を感じつつも、避難所の被災者に心は残っている状態で、心体分離という感じでした。


現在、報道によるとひたちなか市の避難者は0で、避難所は閉鎖になっているようで、ライフラインも回復し復興に向かっているようです。
まだまだ避難所生活を余儀なくされている被災者はおられますが、復興が早期に完了して、ひたちなかのしあわせプラザに避難されていた方々を始め今回の震災被災者の方々に一刻も早く「本当のしあわせ」が訪れることを祈ってやみません。

帰院後日常業務に日々没頭していますが、心の一部は被災地に残してきていますので、救護が不要になったときに我々が運んだ支部の救護用の車両が島根県支部に帰着したときが第1班の本当の救護の終了になるような気がします。

救護班第1班9


最後になりましたが、救護班第1班のみなさん、支援をしてくださった島根県支部、病院のみなさん、ありがとうございました。


2011.04.28 Thu l 赤十字の活動 l top
救護班第1班として活動しました、形成外科の安楽です。
救護から帰院後1ヵ月を経過しました。
遅ればせながら第1班の活動報告をさせていただきます。

------------------------------------------------------


3月11日震災当日出動命令がでて診療を中止して、とりあえず準備をしたのですが、一時待機となりました。
当日夜にDMATを見送り、次は自分らの番だと緊張感を保って落ち着かない夜を過ごしました。
翌日いよいよ出動命令があり午前11時に日赤島根県支部を出発しました。

救護班第1班1

わが班は医師1名、看護師長1名、助産師1名、看護師2名、事務職員4名の総勢9名で車2台に分乗して被災地に向かいました。
発生後翌日ということもあり、現地の状態は何もわからないままの出発でした。
雄大な冬大山を車窓から眺めながらポツリと、
「またみんなで大山を眺めたいですね」
という発言があり、みんなでうなずいたのを昨日のように思い出します。
士気の高さは言うまでもないのですが、未曾有の災害現場に向かう不安を象徴する言葉だったように思います。

全員少しでも早く現地に到着して救護活動を行いたいという気持ちを抑えつつ途中1時間から2時間おきの休憩をとり高速道をひたすら現地に向かって進みました。

救護班第1班2

当初予想された渋滞もなく順調に進んでいたのですが、常磐道に入ってから路面状態が悪化し、段差や路肩の崩壊などがあり被災地にいよいよ入ったことを実感しました。

24時間かけて茨城県水戸市の日本赤十字社茨城県支部に到着し、そこからひたちなか市の避難所での救護活動の指示を受けました。
普段は40分程度で到着すると聞いていましたが、国道の渋滞や通行止めなどがあり、3時間かかりなんとか救護所があるひたちなか市那珂湊総合福祉センター(しあわせプラザ)に到着しました。

救護班第1班5

ひたちなか市といっても場所が分かる人は少ないと思いますが、茨城県の海沿いの中央部にあり原子力発電所がある東海村は北隣の街です。
震源からはかなり離れてはいましたが、ライフラインはすべてストップしており、道路はいたるところでひび割れがあり、建物にもかなりの被害がみられました。
また、漁港では漁船が転覆していました。

救護班第1班3
しあわせプラザの周辺もいたるところでひび割れをおこしていました

救護班第1班4
夜間は自家発電機での照明で救護所を照らしていました


(後編に続きます)


2011.04.27 Wed l 赤十字の活動 l top
Yasuhara@栄養士です。
“第45回糖尿病学の進歩”に参加して来ました。
参加したのは医師(部長です)・先輩栄養士と未来ある栄養士を合わせた4名の計5名です。

第45回です。毎年1回ずつあるので・・・何と45年もの歴史があります。
糖尿病専門医をはじめ、たくさんの医師や医療従事者が集い、糖尿病に関する知識の向上や最新の知識の普及を目的とした講演会が山盛りのビッグイベントです。

ホントに日本は医師不足なの?と疑問に思うほどのドクターが集まられます。

今年は福岡県にある福岡国際会議場で開催されました。

栄養課7
↑↑↑ 福岡国際会議場です。早朝から多くの人が集まりました。


会場はとても広く、医師向けのレクチャー、コメディカル向けのレクチャー、シンポジウム、
ワークショップなどに分かれていました。

各会場とも立見席があるくらいに皆が熱心に勉強していました。もちろん私もその一人です!

製薬会社の展示ブースもあり、最新の医療機器の紹介はもちろん、クイズコーナー、
低カロリー食品の展示・試食など、各メーカーの工夫を凝らした賑やかな会場でした。
血糖自己測定の体験も出来ました。

糖尿病の診断基準は新しくなり、糖尿病治療薬の開発も急速に進歩しました。
食事療法もまたいろいろと話題が多く・・・大興奮の2日間でした。

栄養課6
↑↑↑ 休憩時間にスタッフ合流。意見交換もします。
しっかり勉強したあとは・・・せっかく博多まで来たので“おいしいもの”を食べたい!!
都会の夜景の中で、もつ鍋や屋台のおでんを楽しみました~

栄養課5
↑↑↑ 都会の夜は賑やかでした。ほろ酔いの栄養士たちです。


初参加の栄養士2人からの感想を一言↓↓↓

こんにちは。栄養課の福井・鎌田です。
福岡で行われた「第45回糖尿病の進歩」に参加させてもらいました。
私達にとって、初めての学会参加でした。
学会の内容は正直、難しいものが多く
すべてが自分たちの知識になったとはとても言えませんが、
同じ現場で活躍されている栄養士の方たちの話を聞くことが出来て、
とても良い刺激を受けました。
そしてこれからもっと勉強しなくてはいけないなと痛感しました。

また福岡はとてもおいしいものが多く、
疲れた脳にたくさんの栄養をいただきました。
心も気持ちも栄養満タンでこれからの業務も一層頑張っていこうと思います。

--------------------------------------------------------------------


その名の通り糖尿病学は進歩しています。
私たちも遅れないように進歩していかなければ!と強く思いました。
「養生訓」で有名な貝原益軒先生の生まれ故郷で開催されたのも
大きな意味があると思いました。

酒は微酔にのみ、半酣をかぎりとすべし

・・・ということで、楽しい学問の旅が終了しました。

PS:九州新幹線全線開通にむけて、JR博多駅は工事中でした。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院栄養課



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2011.04.25 Mon l 学会へ行ってきました l top
被災者の「こころのケア」に当たるため、全国の各赤十字病院からこころのケア担当者が被災地へ派遣されることになり、当院からも本日、看護師1名が出動しました。

救護班18

救護班19

日本赤十字社のこころのケアが始まったのは、阪神淡路大震災が契機。
こころのケア担当者は、話をしっかり聞き、気持ちをありのままに受けとめるなど、被災者とコミュニケーションをはかり、信頼関係をしっかりと作ってこころのケアに当たります。

被災者は、震災のショックや喪失体験、不自由でプライバシーが欠如した避難所生活などにより相当なストレス状態であると察します。
一人でも多くの方のこころをケアできるよう健闘を祈ります。


2011.04.23 Sat l 赤十字の活動 l top
こんにちは、ほのパパ@EIYOUKAです。
東京ビッグサイトで開催された「厨房設備機器・フードケータリングショー」。
当院栄養課から、わたしと先輩の調理師2名で休みを利用して見学してきました。

フードケータリングショー1


2日間広い会場で多種多様な機器を見て回りました。
中でも栄養課が新調理システムを導入する際にお世話になった
愛知県海南病院・小佛和行主任栄養士のセミナーは大変参考になりました。

フードケータリングショー2


また、海南病院の鈴木晴夫調理師長が真空調理法を使った
「肉じゃが」と「豚バラの角煮」を実演され、試食しました。
栄養課では未導入の真空調理法に大変興味を持ち、
さまざまな最新機器に刺激を受けました。

フードケータリングショー3


外に出る機会の少ない調理師にとって、どんどん外に出て勉強することが大切だと思いましたし、今後に活かしていきたいと痛感した2日間でした。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院栄養課



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2011.04.22 Fri l 学会へ行ってきました l top
救護班第7班が、昨日帰還しました。

救護班15

救護班16


石巻赤十字病院では満床状態が続いており、日常業務への移行が難しくなっているため、ショートステイベース施設を設けて、救急車や入院患者を受け入れるという運用が始まった模様。
巡回診療班から直接ショートステイベースに入所依頼できるようにするために考えられたものだそうです。


第7班では、ショートステイベースのエリア幹事である日赤医療センターの指示のもと、ショートステイベース施設である石巻ロイヤル病院で医療救護活動を行ったようです。

また、ショートステイベースでの活動のほか、石巻圏域の避難所で簡易診察室の設置を要望されたところに資機材を搬入して診察室を設営したり、石巻赤十字病院の救命救急センター支援のために看護師2名が任務に当たったりと、大車輪の活躍だったようです。

救護班17


お疲れさまでした。


今後は、23日(土)に、こころのケア担当看護師1名が、また5月2日(月)には次の救護班が石巻へ出動する予定になっています。


2011.04.21 Thu l 赤十字の活動 l top
こんにちは、のりねこの母です。

看護管理者が病棟ごとに成果を発表する看護管理成果発表会。
少し前にNsまゆがお伝えしましたが、Part2をのりねこの母からお伝えします。

看護成果発表会5

昨年3月に新病院に引っ越し1年が経ちました。
この1年で各部署でがんばったことを成果として発表することで、
他部署がどんなことに力を入れているのか、
どんな専門性があるのかなどを知る機会としました。

看護成果発表会6

パフォーマンスあり、自慢あり、涙あり・・・各部署の代表が自信を持って発表しました。

参加した多くの職員も笑いあり、涙あり
「他の病棟もやってるねぇ。でもうちの病棟もやってるよ!負けてない!!」との声も。

院長や事務部長、地域医療連携課長も参加され看護のパワーを共有しました。

看護成果発表会7


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院看護部ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2011.04.20 Wed l 看護師の声 l top
はじめまして、TQM菌の感染者です。
院内に感染をもくろんでおりますが、なかなか予防接種?防御体制厳しく、
感染を阻まれています。(妄想が激しくなって来ています。)

余談はさておき…

サンラポーむらくもで松江赤十字病院第9回TQM発表大会が開催されました。
今回は5周年記念大会です。

9TQM1.jpg


平成17年11月22日(いい夫婦?該当者いない?)のキックオフ大会から
早5年経過しました。(歳を取りました)

今大会は6サークルの発表、ちょっと寂しいかなと思いましたが、
聞く立場としては疲れない程よい時間とも思ったりもします。

9TQM2.jpg


6サークルの発表後、昨年の全国大会で発表された
パワフルレディース3の発表、堂々たる発表。
そして最後に標準化分科会の活動発表を副分科会長より、手際よく時間内にポイントをビシット締めていただき、プログラムの全行程を終えました。

平成22年7月からスタートし、約8ヶ月間のサークル活動です。
8ヶ月間あるという気持ちがあるためか、亀さんモードでスタート。
1月、2月、皆(ウサギ、いやいやピューマのごとく)走った!走った!
そんな珍道中の気配も感じさせない、どれもよい発表でした。
日赤の職員パワーです。(自慢)

9TQM3.jpg


この発表後、サークルの顔は“終わった”ホッ!達成感!(いい顔です)
懇親会、「お疲れさまー!!」と各サークル一周し(飲んだくれが若干1名)
気が付けば副院長の手締め!

サークルの皆さん、日々、多忙な業務にもかかわらず、8ヶ月間本当にお疲れ様でした。
得たものは人それぞれ違うと思いますが自分に、そして職場に活かしてください。
これに懲りずにまた挑戦してください。

今年度からの活動に向けて、TQM菌を院内散布中です。
感染した方はTQM事務局(耐性菌保有者)まで、お待ちしています。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2011.04.18 Mon l 松江日赤イベント l top
救護班第7班が出動しました。
飛行機で秋田へ行き、そこから車で石巻市へ向かいます。

救護班13

救護班14


今のところの活動拠点は石巻のショートステイベースというところ。
救護所での診療や巡回診療などが活動のメインになるようです。

前回の第6班は震度6強の余震に遭遇しました。
まだまだ大きな余震の可能性があり、自分自身の身も守りながらの救護活動となります。


第7班も、がんばれ!


2011.04.16 Sat l 赤十字の活動 l top
救護班第5班、皮膚・排泄ケア認定看護師の石飛です。
私たちは石巻専修大学周辺のエリアでの救護活動を行ってまいりました。

3月11日東日本大震災のニュースが流れ、当院でもいち早くDMAT、救護班第1班の出動…
今でも私のパソコンには全国にいる皮膚・排泄ケア認定看護師の安否確認のメールが毎日送信されています。
そんな中、私にも何かができるのでは、何かがしたい、いてもたってもおれず救護班に手挙げしました。

私が一番緊張したのが出動前日の買い出しです。
買い出しを任された私は大きいカートを押しながら前日作成した買い出しメモを片手に食材を購入していました。
このメンバー7名の健康管理をしなければ・・足りなくなっては困るし・・腐ってはならない・・

「救護に行く者、元気で健康でなければ!」

とにかくそんな思いで何時間もグルグルと回っていました。
そしてなぜだか徐々に手先が冷たく、心臓がドキドキし顔がこわばってきたのを今でも思い出します。


救護班活動7


私たちは避難所・救護所で多くの方々の傍に寄り添い、声を聴き、手を差し伸べるよう努めてきました。
個々には初めての救護で不安や緊張もあったかも知れませんが、全くそんな素振りも見せず明るく凛とした姿勢で行動することができました。
それは、被災者の方々やボランティアの方々の元気や勇気、ひたむきな姿におのずと私たち自身同化していったような感覚でした。

「被災者のひたむきな姿に心を打たれた」

という垣羽班長の帰還報告、まさにその通り。
みんな目頭が熱くなってしまいました、気持ちが一つになったチーム完成の瞬間でした。

この救護活動で語りつくせないくらいの多くのことを学ばせていただきました。
そのなかで認定看護師になって6年目、今まで実践を積んできたスキンケアや創傷処置が救護所で被災者の方々のお役に立てたことが、大きな喜びと誇りになりました。

救護最終日、綺麗な夕日をみることができました。
この真っ赤な壮大な夕日の下には、まだまだ多くの被災者が…
この空の下、早く心穏やかな生活が訪れることを祈っております。

救護班活動6

垣羽班の皆さま、病院スタッフの皆さま、貴重な経験をさせていただきありがとうございました。
この経験を生かし、次から次へと出動されます救護班への支援も、これからの私たちの任務であると感じる今日この頃です。


2011.04.15 Fri l 赤十字の活動 l top