fc2ブログ
こんにちは! ナースやすこ、おすぎ、はち兵衛です。
朝夕の風がすっかり秋めいてきて周りにも咳をしている人が…
皆様も御自愛くださいませ。

さて先日、長崎ブリックホールにて
「第20回日本呼吸ケアリハビリテーション学会」が開催され、
私たちは緊張と不安の中発表してきました。

呼吸ケアリハ学会1

前日夜遅くまで、あんな質問こんな質問を想定しながら議論を交わし、当日を迎えました。
朝ごはんも何を食べたか覚えていません。
本番は練習通りに流暢な口調で発表を終え、質問はもちろん想定内で、
あっという間にその一瞬は過ぎていきました。
発表の後は一転リラックスムードで、様々な職種の発表を聞くことができました。

この学会では医師、看護師の他、理学療法士や栄養士など
患者をとりまくスタッフの急性期から慢性期、在宅にむけた
さまざまな呼吸ケアリハビリに関する発表があり、大変勉強になりました。


そしてそして、遠く長崎まで学会参加したからには、
グルメに観光いろいろ楽しまなければなりません。
まったくノープランで乗り込みましたが、実に充実した数日間でした。


初日、博多発長崎行きかもめ号・長崎は今まさに福山龍馬一色でした。

呼吸ケアリハ学会2

偶然乗りちがえで降りた駅の近くにあっためがね橋。

呼吸ケアリハ学会3

ここの100円アイスがとってもおいしかったですよ♪

呼吸ケアリハ学会4

稲佐山からの夜景も最高でした。

呼吸ケアリハ学会5

他にも出島や大浦天主堂、グラバー邸を巡り、
長崎ちゃんぽんに豚の角煮まんじゅうなどなどお腹一杯食しました。
ほぼ全員がBIGになって松江に帰ってきたことは言うまでもありません。


最後に皆が是非行きたかった如己堂へ。

呼吸ケアリハ学会6

島根県雲南市(現)出身の永井隆博士が最期を過ごしたところとして紹介されています。
白血病に侵され博士自らも被爆、また妻を原爆で失いながら
被爆者の治療に奔走した話はあまりにも有名です。
「如己愛人」~己が如く人を愛せよ~という博士の言葉には、
平和を願ってやまなかった彼の思いが込められています。
自分のことのように他人のことを考える、なかなかできることではありません。
平素の自分の行動は? …と振り返り、
ひとりの人間として、この言葉が実践できるようになりたい
…と願いつつ私たちは長崎の地をあとにしたのでした。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院看護部ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2010.10.28 Thu l 学会へ行ってきました l top
こんにちは、病院広報のセンスです。

鹿児島県奄美大島での記録的な豪雨。
以下に、日本赤十字社の対応をお伝えします。

-----------------------------------------------------------

日本赤十字社鹿児島県支部は、奄美大島で発生している大雨災害のため、
10月20日(水)と21日(木)の両日、避難所に避難している住民の方々に
毛布や緊急セット等の救援物資を輸送しました。
また、避難された住民の方々が災害によるけがや心労からの体調不良など
ストレスを抱えていることも考えられるため、
21日には、医療救護班1班(医師、看護師、事務職員計7名)を派遣しました。

-----------------------------------------------------------

<日本赤十字社ホームページより>
記録的大雨により被災した奄美大島への対応 ~日赤から救護班1班を派遣


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2010.10.25 Mon l 赤十字の活動 l top
こんにちは。院長です。
たまには原稿を書かないと忘れ去られてしまいそうなので、一言。


当院は現在病院の現地立て替えを行っています。
災害救護に耐えうる病院にということで、耐震、免震機能を備えた
14階建の仮称「高層棟」と6階建の「低層棟」を建設中です。
高層棟は本年3月に完成し、病棟や検査部門を移転し既に営業しております。
低層棟は外来と事務部門や医局、管理部門等が入ります。
それまでは我々は道を隔てた建物で仮住まいです。
 
今は10階建の元「新館」を壊しており、ここに低層棟を建てます。
新館はほぼ1階部分まで壊れてしまいました。

新館解体1

今後基礎工事が始まりますが低層棟の完成は平成24年春になります。
平成19年に始まり、完全に完成するのは平成25年ですから、なんと長い工期!

高層棟の窓から現場を見ていましたが、なかなか面白いですよ。
大きな重機の(油圧でしょうか)カニの爪みたいなもので壁や柱を
ごりごり挟みつけて囓っていきます。
その時コンクリートの屑の粉塵が出るので、水をかける仕事の人がいます。
鉄骨にくっついたコンクリート片もつぶして粉々にします。

新館解体3

さらにショベルのような器械で鉄骨とコンクリート片をそれぞれ分けて集めて、
明かり取りの穴(空間)に投げ落とします。
多分下の階で集めて鉄骨は再処理とし、コンクリート片などは医療廃棄物にして
捨てるのでしょうか?

→いえいえ、院長。鉄骨もコンクリートもきちんとリサイクルします(病院広報センス)


一つの階がなくなると天井(床になりますが)に穴を開け、そこにコンクリート片を集めて
坂のような道を作り、その道を使って自分で下の階に降りていきます。
そしてまた柱を壊しにかかります。見ていると1週間で1階壊す感じです。

一度、カニの爪で囓り切った直径4cmほどのナットが飛んできて病室の窓を割りました。
患者さんもおられたのですが、ナットがたまたま掛けてあったカーテンに当たって落ちたために、患者さんはけがをせずにすみました。
直接当たったらどのようなことになったか、本当に吃驚しました。
と同時にカニの爪の力はすごいものだなと感心させられました。
その後はこのような事故は起こっていません。


建設中、事故のないことを祈っています。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2010.10.21 Thu l 院長より l top
こんにちは、のりねこです。
早いもので今年もあと2か月ちょっと…。
新人看護師は就職して半年がたちました。
松江赤十字病院看護部では年間を通して院内研修を行っています。
今日は、「静脈注射研修」の様子をご紹介します。


静脈注射の研修は、就職した年に3回にわけて行っています。
4月には安全に静脈注射ができるように講義を受けます。
5月になって腕の模型を使って注射をします。
最初は、誰もがとっても緊張。
一生懸命シミュレーションしたにもかかわらず頭の中が真っ白で、
針を皮膚に刺そうと思っても手が震えてなかなか刺せません。
指導を受けながら何とか針が血管の中に入り、
薬液を流すことができるようになりました。

半年経った9月。
同じく腕の模型を使って留置針という血管内に長く入れておくことができる針を
挿入する研修を行いました。
DVDを見て、手順を覚えます。

注射1

そしていよいよ演習。
針を刺す手つきが5月の研修の時と違ってものすごくスムーズです!
1回目は針と点滴のセットをつなぐところで四苦八苦した人も、2回目はうまくできました。

注射2


すばらしい成長ぶりに指導者全員が感動しました。
基本を忘れずに安全な注射をこころがけることができるように
これからも指導していきたいと思います。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院看護部ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2010.10.18 Mon l 看護師の声 l top
はじめまして、みゅうままです。

看護部には職員の親睦を深めるために「むつみ会」という互助会があり、
旅行や食事会を行い楽しんでいます。
今日は、毎年恒例となっている日帰り旅行の様子をご紹介します。


10月2日に日帰り旅行へ行きました。
今回の旅行は親子で楽しめる旅行でした。
行き先は兵庫県。バスに乗って遠出です。
まず向かったのは体験型観光農園で、シイタケ狩りをしました。
カゴいっぱいにシイタケを採り、お昼ごはんは採ったシイタケも一緒にバーベキューでした。

むつみ会1

シイタケ嫌いのわが子ですが、自分で採ったシイタケは特別なのでしょうか!?
新鮮でおいしかったからでしょうか?
まるまる2つ食べることができました!
しかもご飯は“シイタケご飯”だったのですが、おかわりをしました。
「おいしい(^o^)」と言って食べてくれてうれしかったです。
苦手な食べ物を1つ克服しました。
おなかいっぱいになった後、向かったのは東条湖おもちゃ王国です。

むつみ会2

家族それぞれ好きなところへ行き、時間いっぱい楽しみました。


心配していた天気も日中は暑いくらいで、雨が降らなくてよかったです。
朝が早く7時出発でしたが、みんな時間厳守でした。
バス休憩のあとの集合もよく、バスの中ではDVDを見て子供たちもおとなしかったです。
帰りのバスでは、大人と小さな子供はお疲れの様子でしたが、
ほとんどの子供たちが起きていたのは驚きでした。

日帰りで少し駆け足での旅行となりましたが、
他の部署の看護師さんとも交流できて子供と楽しい1日を過ごすことができました。
初めて参加しましたが、ぜひ来年も参加したいです。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2010.10.15 Fri l 松江日赤イベント l top
こんにちは、のりねこです。
10月に入り、こちら松江では鼕の音が響き渡るようになりました。


今日は、日本赤十字広島看護大学「島根・学生友の会」をご紹介します。

学生友の会

今年で5年目を迎えた「島根・学生友の会」。
夏休みを利用して、島根県出身の広島看護大学の学生さんと
当院で働いている卒業生との交流会を行っています。

今年は13名の学生さんに参加いただきました。
病院の説明などを聞いたあとは先輩看護師とのフリートーク。
8名の先輩看護師を囲んで働き始めたころのことなど体験談がいっぱい聞けたようです。
先輩看護師は「緊張したあ~」と照れていましたが、とっても楽しそうに話してましたよ。
一緒に働いて、先輩後輩の関係がいつまでも続くといいですね。

学生の皆さんには、とっても暑いなかお越しいただいて本当にありがとうございました。
4年生の皆さんには来年はぜひ先輩の立場としてお話ししていただけるとうれしいです。
1、2、3年生の皆さんは、来年もぜひ参加して楽しい時間を過ごしてくださいね。
お待ちしています。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院看護部ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2010.10.13 Wed l 看護師の声 l top
こんにちは、病院広報のセンスです。
プロ野球のセリーグでは中日が優勝を決め、名古屋では優勝セールに湧いています。

・・・そうそう、その名古屋に行ってたんです。
わたしは院内のTQM支援分科会にも名を連ねており、最新のTQMを吸収するため、
TQM全国大会である「フォーラム医療の改善活動全国大会in名古屋」に
出張で行って来たんです。

会場前

ところで、TQMってご存じですか?
Total Quality Managementの略で、総合的品質管理などと訳されています。
企業では導入されているところも多いと聞きますが、
近年は病院にも積極的に取り入れられており、
トップの方針管理のもと、各部署での問題点を改善することで
病院の質を向上させるのが狙いです。
当院では5年前から始め、現在第9回目の院内発表大会に向けて
サークルが活動しています。


今回の全国大会は全国から101演題、約400名の参加で開催。
当院からは昨年の院内大会で大賞を取った
「パワフルレディース3」サークルが出場しました。

発表

「書かなきゃ薬剤の使用期限」と題して、
旧病棟から新病棟である高層棟へ移転したことを踏まえた発表です。
発表者の看護師は凜として、とてもすばらしい発表でした。

結果は残念ながら受賞なりませんでしたが、
本当にすばらしい発表でしたよ。

後日講評者からのコメントが送られてくるそうなので、
それを今後の活動に生かしていければと思います。


そうそう、出張に行ったメンバーでしっかりと名古屋の味覚も堪能してきました。

お疲れ様

みそかつ、名古屋コーチン ごちそうさまでした。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2010.10.07 Thu l 院内研修会・講演会 l top
こんにちは、病院広報のセンスです。
暑さ寒さも彼岸までと言いますが、
その言葉どおりずいぶん過ごしやすくなってきましたね。


当院は地域医療支援病院として地域の医療従事者の方々を対象に
さまざまな研修会を開催しています。
その一環として、9月の終わりに「地域医療従事者スキルアップセミナー」を
くにびきメッセ(島根県立産業交流会館)で開催しました。

ちなみに「くにびきメッセ」は島根県のコンベンション施設の中核的拠点で、
展示施設と会議施設の両方を兼ね備えた本格的なコンベンション施設です。


スキルアップセミナー

今回のテーマは「聴けばわかる褥瘡のすべて」
このテーマを決めるに当たって、
地域の医療従事者の方々に事前アンケートをお願いしたんですが、
褥瘡についてはどこも関心が高く、
希望順位第1位でテーマを褥瘡に決定しました。


演者は医師、看護師、理学療法士といった、当院が誇る褥瘡チーム。
それぞれの専門分野を生かし、
「褥瘡を取り巻く最近の動向」
「最近の褥瘡治療」
「在宅における褥瘡ケア」
「ポジショニング」
という演題内容です。

さて本番。
会場のくにびきメッセ多目的ホールはほぼ満員、約130名の来場者で、
主催者一同ホッと胸をなでおろしました。

少しでも地域医療従事者の皆様のお役に立てれば幸いです。


----------------------------------------------------

当日のくにびきメッセではさまざまな催しが開催されており…

 駐車場が満車

参加者の皆様、なかなか駐車できずご迷惑をおかけしました。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2010.10.05 Tue l 地域とつながります l top
はじめまして、チームれんけいです。
地域連携課で働いている医師・MSW・看護師・事務職員で構成するチームです(自称ですが)
当院と地域とのつながりをこれから発信していこうと思っています。
よろしくお願いします。


早速ですが・・まず、「押しかけ勉強会」を紹介します。

地域からの要望はなくても当院で必要性を感じたテーマを勝手に選択し、
連携先の医療機関や福祉施設、訪問看護ステーションなどに押しかけて
勉強会を行っています。
連携先の現状を確認しながら、情報共有・疑問の解決、
お互いのコミュニケーション等々を目的に地域へ出かけています。

先日、9月24日の夕方、松江市内の訪問看護ステーションへ
『慢性心不全』をテーマに集中ケア認定看護師と訪問しました。

押しかけ勉強会

急性期病院の当院で行っていることと地域で看てほしいことなど勉強し、
お互いの立場で話し合いを行いました。
当院への要望や退院してからの患者さんの様子など意見をたくさんいただき、
当方も大変勉強になりました。


やっぱり、ジッとしていてはいけませんね。
こちらから、出かけていく意味を再発見した夕べでした。


世の中と「もっとクロス!」しよう、日赤。
もっとクロス!ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院地域医療連携課



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2010.10.01 Fri l 地域とつながります l top