皮膚・排泄ケア認定看護師の【治るといいなっ子】です。


石飛  ブログ用


地域連携課から褥瘡に関するセミナーを
やってほしいとの依頼があり、お引き受けすることにしました。

褥瘡といえども予防から治療まで幅広く・・・

当院で開催している褥瘡コース研修の
プログラムを参考に内容を検討していただいたところ・・・

なんと2回に分けてやって欲しいと・・・
ムムム・・・2時間×2日=4時間できるかなぁ~
喋れるかなぁ ~ (。。 ;)))) ゞ(^^ ;)


さてセミナーでは、
『みんなの「目」で地域の皮膚を守ろう』をテーマに
パートⅠ予防編(9月28日)
パートⅡ治療編(12月7日) を行いました。

18時からという遅い時間からの開催にも関わらず、
毎回、医師、看護師、理学療法士など
多職種の方50~60名の参加者があり、
安来圏域の褥瘡に関する関心・意識の高さに驚きました。

年々高齢化が進むなか、皮膚も弱くなり褥瘡をはじめ
スキンテア(摩擦やずれによって皮膚が裂けてしまうこと)など
皮膚損傷を生じる可能性の高い患者や利用者が増えてます。

まずは皮膚を意識してみてほしい、
病院問わず地域から・・・そして予防してほしい・・・

そして治療にもまずはアセスメントすることが
一番の治療になる・・・語りました・・・
あっという間の4時間でした。


褥瘡セミナー


今回は、ほんの基本の基本の4時間。
可能であれば、個々の症例検討など具体的な語りができれば、
今回の語りの知識が実践につながるのではと思っています 。

いつでも語れるように出動できるように、
この冬はインフルエンザにかかることなく、
声が出るよう感染対策に努めていきたいと思います p(@^^@)q

皆さんも感染対策のマスク・手洗い励行、
そのあとはきちんと保湿ケアもお忘れなく(^^)



ブログ検索  褥瘡




看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.01.12 Fri l 専門看護師・認定看護師 l top
がん放射線療法看護認定看護師の土江です。


前回の診療放射線技師Nさんに引き続き、
私も放射線治療について(^^♪ご紹介します。


放射線治療は、
当たり前ですが放射線治療室でのみ行われる治療です。

患者さんやご家族は“放射線“に対する
漠然とした不安を抱き治療室へ来られます。

「治療をした後、一緒にいる家族は被ばくしないの?」
「お腹への放射線治療だけど髪が抜けるの?」

など、事実とは異なる知識のために、
不安が大きくなっている方もあります。

放射線科に初診で来られた方の場合、
まず医師から治療について説明があります。

「どこへどんな風に放射線があたり、
しばらくすると副作用でどんな症状がでます・・・」

看護師からは、
説明を十分に理解し、治療に納得されているか、
その他気がかりなどはないかを、
お話の中から確認させていただきます。

放射線治療は決まった期間に、
決まった線量の放射線を照射することで
最大の効果を得ることができます。
患者さんが治療を完遂されることが、
治療室スタッフみんなの目標でもあります。


放射線治療

放射線治療のながれ


放射線治療では毎日少量ずつの放射線を照射します。
治療期間は長い方では2ヶ月になります。

治療の効果は目には見えにくいのですが、
治療終了後ひと月程度と言われています。

終了のころには副作用症状で
「病気が悪くなってるんじゃないの?」
と思われる方もおられます。
患者さんやご家族が安心されるように、
治療開始時から終了を迎えられる日まで
一緒に支援させていただきます。
(治療室には毎日看護師がいます(^^♪

治療を決めかねておられる方、家族の方などどなたでも、
一度お気軽に足を運んでみてくださいね(#^.^#)



―わたくしごと(*^^)v―

放射線治療の場で
日々悩みながら仕事をしていますが、
癒しの場は、共に学んだ認定看護師の
仲間との施設を超えた交流です。

今年も日本放射線看護学会学術集会と
久留米大学認定看護師教育センターでのセミナーに
参加してきました。

学会では放射線治療だけではなく、
CTやMRI、血管造影など様々な分野の発表を聞くことができ、
私も頑張らなきゃと活力をもらってきました。

セミナーでは日々の看護実践を振り返る機会となり、
できていない自分としなければいけないこと・・・
課題を見つけて帰ってきました。

そして放射線治療室では
患者さんからたくさんの元気をいただき、
明日からもガンバロー!!と思えています。

日本放射線看護学会学術集会




ブログ検索  がん放射線療法




看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.11.29 Wed l 専門看護師・認定看護師 l top
皆さま、こんにちは!

救急看護認定看護師の‘ミニこだま’です。

この度、県内の新人看護師対象に計2日半にわたり、
BLS・AED・窒息解除、採血・吸引などの基本手技、
フィジカルアセスメントの基礎知識・観察技術等、
シミュレーションを用いた研修に、講師として参加しました。

研修は、
島根大学医学部附属病院クリニカルスキルアップセンターで行われ、
高機能な医療シミュレータを使用した大変充実した内容の研修でした。

この研修での講師は今年で3年目になります。
多施設間での情報交換や意見交換は、
私自身にも大変刺激になり、毎年貴重な経験につながっています。


新人看護職員多施設合同研修「シミュレーション研修」


研修後、患者搬送等で出会うこともあり、
「研修ではありがとうございました。
あれからシミュレーションと全く同じ急変がおこって、
びっくりするくらいあの時習ったことが出来ました!」
と言われたこともあります。

病院を超えたつながりも感じられたこの経験を大切にし、
今後の看護に活かしていきたいと思っています。



ブログ検索  救急看護認定看護師




看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.11.16 Thu l 専門看護師・認定看護師 l top
7階西呼吸器センターの看護師のY子とB子です。

私たち呼吸器センターでは、呼吸器疾患に加え、様々な疾患と
向き合っている患者さんを支え、患者さんの思いに沿った看護、
満足できる療養生活ができること、患者様の立場に立って
接することを大切にしています。

また少しでも季節を感じたり、笑って歌ったりすることなど、
病気との付き合いを忘れてもらえたらと工夫しています。


春は花見に行きました。

ベッドや車いすで病院の後ろの立派な桜の木を眺め、
お菓子を食べたりして過ごしました。

久しぶりに笑顔になった患者さんの顔を見ることができ、
とても嬉しかったです。

春 お花見


秋には音楽会を開いています。

スタッフはみな大変芸達者で、ハンドベルの演奏、
高校時代やっていたトロンボーンなどを披露し、
たくさんの拍手をいただき毎年やみつきになっています。

秋の音楽界


呼吸器内科医師による呼吸器体操をお手本にみんなで行い、
患者さんにいつもと違う体験もしてもらいました。
体を伸ばすことは、肺にとても良いのですよ。

これらは、呼吸器センターの看護師だけではなく
リハビリのセラピストや栄養士、医療社会事業部なども
協力して行っています。

今年もまたいろいろなことを計画し、
頑張って療養している患者さんに喜んでいただけたらと思っています。

そんな温かい病棟を、みんなでこれからも目指していきます。



ブログ検索  呼吸器センター


部署紹介   7階西 呼吸器センター



看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.08.16 Wed l 専門看護師・認定看護師 l top
専門看護師のぱんだです。

6月に、横浜で開催された日本緩和医療学会に参加してきました。

今回の学会メインテーマは

集い対話する
疾病と共に健やかさを生きるために
社会の中で活きる医療となるために


で、多くの講演、シンポジウム、症例検討ワークショップ、一般演題等がありました。

日本緩和医療学会

私は、他施設の緩和ケア活動を把握し、
自施設での活動に役立てたいと思い参加しました。

看護ケアの最新エビデンスといった最新の知見を得るだけでなく、
症例検討やシンポジウム参加を通して、日ごろの自分の活動を
振り返ることができました。

そして、頑張っていることと課題の両方を再認識でき、収穫の多い学会参加となりました。

どの会場も立ち見が出るほどで、演題や講演が終わると
フロアーは多くの人で混雑していました。
学会終了後に約8,500名の参加者だったと聞き、その多さに驚きました。

学会1日目は快晴で、青空や夕焼けに癒されました。
また、ともに学んだ他施設の仲間にも出会い、
食事をしながら楽しい時間を過ごすこともでき、エネルギー注入できました(^^♪

夕焼け



ブログ検索  専門看護師 認定看護師


看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2017.08.01 Tue l 専門看護師・認定看護師 l top