平成28年度 新人看護職員教育 ~1年を振り返って~

新人看護師のFです。

年度末に、病棟の新人教育担当の方と、入職してから11か月の振り返りを行いました。

振り返れば、何もかもが不安だった4月から今日まで、本当に色々なことがありました。

悩むことや落ち込むこともありますが、
どんな時でも温かく支え見守ってくださる先輩方、患者さんの笑顔に助けられて、
毎日笑顔で、楽しく、看護という仕事ができている今を、すごく幸せに感じています。

そして、看護師2年目。
少しずつでも成長し前進できるよう、
これからも皆さんの力をお借りしながら笑顔で楽しく頑張っていきます(^-^)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


新人教育担当者のYです。

私は平成28年度、初めて新人教育担当者になりました。

この1年を振り返ると、
最初は自分1人で頑張らなければいけないと必死で、指導方法に悩む事もありました。
しかし、病棟スタッフに助言をもらい、サポートしてもらえたおかげで、
新人を病棟全体で育てていく事ができたと思います。

新人の、日に日に成長していく頼もしい姿を見て嬉しく思い、
新人教育担当者としてのやりがいを感じました。
また、指導する上でまず自らが正確な知識や技術を習得しておく必要性を改めて感じ、
自分自身も新人と一緒に成長することができたのではないかと思います。

これからも新人の成長をサポートし、
見守りながら自分自身も成長し続けていきたいです。

集合写真



ブログ検索   新人

病院HP>看護部>人材育成・継続教育

病院HP>部門・診療科紹介>教育研修部門


看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.06.19 Mon l 看護 l top

11階の看護師 BとFです☆彡

11階病棟は昨年度に病棟再編成があり、
眼科の単科から、膠原病腎臓内科、糖尿病内分泌内科、眼科、総合診療科の混合病棟となりました(^O^)
透析センター、眼科外来との一元化も図っています!

当病棟では、PNSの取り組みの1つとして、メンバー表を作成しています。
毎年、3年目が作成しており、今年度は私たちが作成しました\(^^)/★

今年度のメンバー表は、PNSの土台は出来上がりつつあるので、
実を熟そうということで、“実のなる木”をモチーフに作成しました。

4月には今年度の第1回目のチーム会を開催しました。
チームのみんなで美味しいご飯を囲みながら、
仕事の話やプライベートの話をしたりして、とても充実した時間となりました♪

チームの団結力もより一層深まったと思います。
11階紹介

今年度も病棟一丸となって頑張っていきたいと思いますので、11階病棟をよろしくお願いしますo(^▽^)o



ブログ検索 11階  PNS



看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

        
        


2017.06.05 Mon l 看護 l top

こんにちは、看護師のTです。

私は院内感染対策に関わっているのですが小児分野の勤務経験がなく、
“名前は知っているけど、実際を見たことがない!?”という感染症が多々あります。
現在、遅い子育てを通して、勉強させてもらっているところです。

そんな中、先日長男がリンゴ病になりました。
保育園から帰ってきた息子が、
「お母さんのせいだよ!!お母さんが毎日リンゴ出すからリンゴ病になったよ。先生が○○ちゃんリンゴ病じゃない?って言われたよ」と。

5歳ともなるとめったに熱が出ることもなく、1週間前に出た久しぶりの高熱と一昨日から出た足のムラムラの原因が判明。
確かに両頬が真っ赤っか・・・
朝こんなに赤かったかな?色黒で気付かなかった・・・
手もムラムラ赤くなってる・・・

これは確かに本で見たリンゴ病の症状!!!

と息子を観察しつつ、
毎日リンゴが続いたけど、それが原因じゃない( ´艸`)ことを息子に説明しつつ、
こんなこと言うなんて案外賢くて カワ(・∀・)イイ と思いつつ、
気付かず反省・・・

というように、今までもいろいろな感染症になりましたが、
教科書通りに症状が出ることばかりでなく保育園の先生から先に指摘されることも多々で、
百聞は一見に如かずを実感しています。

長男は結構長く手足や顔の強い発疹が続いてました。
保育園では出てないと聞いていたけど、買い物や公園は行ってるし、
でもそこではそんなに濃厚接触はないのに・・・と、
ついついどこでどううつったか考えてしまいます。

そして、〝あぁ、次男は確実にうつっている!!
この調子だと、来週は保育園お休みか Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン!!!"
と覚悟と準備をしつつ待っていたら、やはり出ました!!

さすがに1歳児は熱が2-3日続きましたが、
発疹は注意してないとわからないくらい意外に軽くあっさり終わりました。
〝濃厚接触&低年齢=症状強い″とついつい思ってしまいますが、
案外そうでないことも多く、人の免疫の不思議も実感してます。

ちなみにお父さんは子供の成長に伴い、熱にあたふたすることもなく、薬を飲ませるのも完璧、座薬も問題なしと
一人で看病できるほど子供の病気に強い免疫がつきました (^▽^)/

子ども


ブログ検索   感染

看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.06.01 Thu l 看護 l top


こんにちは! 実習指導を担当している看護師Mです♪

この度、平成29年度実習コーディネーター(実習に関する部署の代表者)の任命を受けました。

当院では、PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム®)を導入しており、
PNSに基づく実習指導体制は3年目になります。

学生からは、自分の受け持ち以外の患者さんのケアや処置、検査の見学、
コミュニケーションなど多くの事が学べる、という声を聞きます。

将来、自分達の後輩となる学生を3人目のパートナーとして
みんなで育てる環境作りを目指し、活動していけたらと思います!

PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム®)は福井大学の登録商標です

任命式


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


実習調整担当のPです♪

当院では、看護領域実習(看護・助産学)を13部署で受け入れています。
(2016年度実績:専門学校2校、4年制大学3校、233人延べ1877人)

当院の実習の特徴は、PNSに基づく指導体制を全ての部署で取り入れていることです。

PNSに基づく実習指導では、学生が担当する患者を受け持つチーム(その日のペア)が指導を行います。
学生を3人目のパートナーとしてチームに受け入れて看護を行うということであり、
実習指導者は部署全員ということになります。
そして実習コーディネーターが実習指導者を束ね、みんなで学生を育てます。
指導者側も、指導することで学び・育つ、「育み育まれる」をめざしています。

これからも学生がチームの一員として、臨床現場ならではの体験を通して学ぶことができるように
実習環境を整えていきたいと思います!



ブログ検索 看護学生

        PNS



看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.05.29 Mon l 看護 l top
こんにちは。
WOC2号、一緒に治さんばねっ子です。

台風の影響で雨模様の9月中旬
島根県看護協会の訪問看護師養成講習(スキンケア)を行いました。
訪問看護師として働いておられる方、施設職員の方、訪問看護に従事予定の方など19名の参加でした。

事前のアンケートでは、「高齢者のかゆみ」「ドライスキンのケア方法」「乾燥予防」に対する質問がありました。

治療のことじゃなくて予防のことが知りたい
「“まずは予防”が周知されてきてるんだなぁ~」と思いながら、講習の準備をしました。

そして講習会当日
私も院外での講師は初体験
「先生」と呼ばれて、背中はむずむず。何だか落ち着かない。

いつも以上に汗をかきかき‥かきかき‥
いつも以上にしたはずのお化粧はあらあら‥ どこへ??

母校である出雲高校の甲子園初出場の話題で和んだあと、さぁ講習開始
みなさん、一生懸命メモをとり、終了後もたくさんの質問をいただきました。
講習の様子

そして、院内の褥瘡コース研修ではおなじみの「泡」体験もしていただきました。
泡体験

今回、利用者さんのために、限られた資源の中で看護実践しておられることがよくわかり、病院にいる私たちは恵まれた環境にいることを改めて感じました。
実際に、褥瘡学会の実態調査では在宅での褥瘡保有率は減少していると報告されています。

私たちにできること
認定看護師として、より専門的な情報提供や情報共有が必要であると実感 (^-^*)
私も多くの経験と学びができた講習になりました。

ブログ検索 褥瘡

看護部HP>専門看護師・認定看護師

看護部 HP


日本赤十字社では「平成28年熊本地震災害義援金」の受付を行っています。
(松江赤十字病院でも募金いただけます。)

日本赤十字社 平成28年熊本地震災害義援金について



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター
2016.10.03 Mon l 看護 l top