こんにちは!看護主任のKTです

6/7,8に千葉の幕張メッセで行われた
「看護協会通常総会・全国職能別交流会」に参加しました。

千葉県は幼い時に住んでいたのですが、
あまりの変わり様にまず驚きました。
                         
総会では、
3,500人近い看護職が集まり、2025年超高齢社会を迎えるにあたって、
「ときどき入院、ほぼ在宅」をスローガンに、地域包括ケアシステムの
確立とそれに伴う看護師の役割拡大や看護師のワークライフバランスの
推進について、目標や活動などたくさんの話を聞きました。

当院では毎年、「看護の動き」と題して
この会に参加した看護主任と看護部長から話があります。

まず看護主任からは総会の報告、看護部長からは、さらに
赤十字組織の活動も踏まえ、医療・看護を取り巻く状況や、今年度の
当院看護部の方針や取り組みが理解できることを目標とした内容です。

患者さんが安心して在宅に戻れるように多職種と連携して
急性期医療を提供し、次の病院・医院や施設、訪問看護などと
円滑な連携をしていくことが、さらに重要になっていくと感じました。

日々、自施設の小さな集団の中で働いていて視野が狭くなりがちですが、
総会での質疑応答を見て、専門職として国の政策に関心を持ち、
常に広い視野を持って看護の動きを見ていくことの大切さを再認識しました。

また、看護協会会長をはじめ、一人ひとりがとてもパワフルで
キラキラ輝いて見え、看護職能団体の大きさに身の引き締まる思いがしました。
同時に自分もこれからも看護師としてできる事はある、
向上心を忘れずにいこう、と刺激を受けました。


JNA総会



ブログ検索  看護の動き



看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.09.13 Wed l 看護 l top
手術室看護師のOです。

みなさん、「手術室看護師」と聞くと、
どのようなイメージが思い浮かびますか?

テレビドラマなどで、

医師「メス!」
看護師「はい!!」

というシーンを見ることが、よくあるのではないかと思います。

この時にメスなどの器械を医師へ手渡すのが、
手術室看護師の役割の中で『器械出し』と言われるものです。

“医師から指示された器械を渡せばいいんでしょ~”

と思われがちな『器械出し』ですが、
実際にやってみると奥が深く、難しいものです。

指示されてから器械を準備して渡すのでは、
手術がスムーズに進行しないのです。

手術中は頭の中で、「次は何が必要かな?」と常に考え、
示される前に準備をしておかなければなりません。

そのためには『器械出し』の前には術式の勉強をし、
手術の流れを把握しておく必要があります。


手術につく前に手術の手順や使用する器械について勉強
手術前の器械準備の風景


手術前の器械準備では、多い時には200個以上の器械をカウントします。

カウント表通りに器械がそろっているか、器械に破損がないか、
使用できる状態か、など様々なことを手術前に確認します。

『器械出し』には集中力、体力が必要ですが、
手術がスムーズに無事終了した時の達成感はひとしおです。

安全、安心な手術看護を提供できるよう、
日々、手術室看護師一丸となって頑張っています!

手術室看護師


ブログ検索  手術室



看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.09.04 Mon l 看護 l top
ガンバルンバ (*´Д`)です!

こんにちは、今年度6階産科・GCU病棟へ異動してきたH&Mです (=゚ω゚)ノ

この病棟で働く上でとても重要なNCPR(新生児蘇生法)!!!!!

出生時に胎外呼吸循環が順調に移行できない新生児に対し、
いかに心肺蘇生を行うべきかを学ぶために
NCPR(Aコース)という講習会を受講しました。

まずプレテストと講義、それを基にシナリオによる実習です。

新生児のお人形さんを相手に、久々に緊張感を味わいました。
アルゴリズムに基づいてみんなで
「次は・・・、次は・・・、次は・・・、次は・・・」
と必死 (´゚д゚`)


NCPR講習会


そしてポストテストで講習修了。

その後、どきどきの郵送合否の通知。
結果は( ^ω^)・・・合格でした。

まだ学ぶことは沢山ありますが、
日々経験し冷静に動けるように努力していきたいと思います。

病院の中でこのような講習を受けることができ、
とても丁寧に教えてくださったK先生を始め、
関わって下さった先生、スタッフの皆さまにとても感謝しています。


ブログ検索  新生児

看護部 > 部署紹介 > 6階 周産期・小児センター



看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.08.30 Wed l 看護 l top
7階西呼吸器センターの看護師のY子とB子です。

私たち呼吸器センターでは、呼吸器疾患に加え、様々な疾患と
向き合っている患者さんを支え、患者さんの思いに沿った看護、
満足できる療養生活ができること、患者様の立場に立って
接することを大切にしています。

また少しでも季節を感じたり、笑って歌ったりすることなど、
病気との付き合いを忘れてもらえたらと工夫しています。


春は花見に行きました。

ベッドや車いすで病院の後ろの立派な桜の木を眺め、
お菓子を食べたりして過ごしました。

久しぶりに笑顔になった患者さんの顔を見ることができ、
とても嬉しかったです。

春 お花見


秋には音楽会を開いています。

スタッフはみな大変芸達者で、ハンドベルの演奏、
高校時代やっていたトロンボーンなどを披露し、
たくさんの拍手をいただき毎年やみつきになっています。

秋の音楽界


呼吸器内科医師による呼吸器体操をお手本にみんなで行い、
患者さんにいつもと違う体験もしてもらいました。
体を伸ばすことは、肺にとても良いのですよ。

これらは、呼吸器センターの看護師だけではなく
リハビリのセラピストや栄養士、医療社会事業部なども
協力して行っています。

今年もまたいろいろなことを計画し、
頑張って療養している患者さんに喜んでいただけたらと思っています。

そんな温かい病棟を、みんなでこれからも目指していきます。



ブログ検索  呼吸器センター


部署紹介   7階西 呼吸器センター



看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.08.16 Wed l 看護 l top

こんにちは、新人看護職員のYです。

6月2、3日にサンレイクで一泊二日でのリフレッシュ研修がありました。
テーマは、
気分を変えて、ひと休み!仲間で語り合おう!~きっと気持ちが楽になる~」です。

ミニ運動会では、みんなのいつもとは違う闘志をむき出しにした姿を見ることができ、
同期の知らなかった一面に気づく、とてもいい機会になりました。

リフレッシュ研修1

調理実習では、当院の栄養士さん考案のメニューを作りました。
普段料理をする人、しない人、包丁が持てない人…
みんなで協力して作りました。

みんなと力を合わせて使った料理はどれも美味しく、
残さずお腹がいっぱいになるまで食べました。

リフレッシュ研修2
  
1日目から2日目にかけて行われたグループワークでは、
『今後自分たちはどのような行動をとればよいのか』を話し合い、
合言葉を考えました。

ポスターや劇など様々な方法で自分たちの考えをみんなに伝えました。
みんなが考えた合言葉を、これから働いていく上でのエネルギーに変えて
顔晴りたい”と思います。

リフレッシュ研修3

とても楽しくリフレッシュでき、個性あふれる素敵な同期に出会えて
よかったなと感じることができました。

これからもこんな素敵な同期と同じ病院で働いていることを誇りに思い、
みんなで力を合わせて成長していきたいと思います。

リフレッシュ研修4



ブログ検索  リフレッシュ研修  新人


病院HP>部門・診療科紹介>教育研修部門


看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.07.10 Mon l 看護 l top