FC2ブログ
春爛漫となり、新年度が始まりました。
瀬島斉副院長の後任に村田陽子副院長、原徳子看護部長の後任に加納さえ子看護部長が就任いたしました。
新体制で気持ちも新たに業務に励みたいと思います。

さて、当院でもこの4月から多くの職員が入職します。
新人オリエンテーションでは病院の理念や基本方針についてお話をします。
当院の理念は「赤十字精神(人道・博愛)に基づき、地域医療に貢献する」というものです。
「人道」とは人の命と健康を守り、人として尊重することです。
随分と高い理想を掲げていますが、赤十字を発展させてきた人々はこの理想を見失わず、現実を直視し逃避せず徐々に努力してきました。

病院の基本方針ではまず高度良質な医療の提供を挙げています。
昨年導入したハイブリッド手術室でいよいよTAVI(開胸手術をせずカテーテルで大動脈弁置換を行う方法)が始まりましたし、向こう4年間の地域がん診療連携拠点病院の更新が認定されました。
他の領域においても総合病院としての総合力を生かして質の高い医療を提供していきたいと考えております。
次に掲げている方針は地域連携です。
地域医療支援病院のトップランナーとしてこの地域でも病診連携、介護連携を軸に、地域の医療介護の総合力で完結する医療を目指します。
第3に救急医療の充実も重点的に取り組んでいる事業です。
三次救急病院としてますます機能の充実を図りたいと思っています。
災害医療への備えについては昨年度事業継続計画(BCP)を策定し、有事の際の住民の皆さんを守る災害拠点病院としての機能を充実させます。
対外的にはDMATや赤十字救護班としての対応の準備を怠らないようにしたいと思います。

このほか昨年度から患者サービスの向上の目的で患者総合支援センターを開設しております。
入院前から準備をすることで安心と入院後のより良い経過が期待できます。
さらに地域包括ケアシステム構築にも寄与すると思われます。
相談窓口の充実、待ち時間短縮への試みも行ってまいります。

どうかよろしくお願いいたします。

201904院長


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2019.04.01 Mon l 院長より l top
あけましておめでとうございます。
院長の大居です。

いよいよ平成最後で新元号最初の年となりました。
医療技術の進歩はめざましく、がん治療領域においては昨年ノーベル医学生理学賞に輝いた本庶佑先生の研究による免疫療法の薬(オプジーボ)はすっかり有名になりましたが、薬のみならず免疫細胞を利用した免疫療法(CAR—T療法)の実用化も間近とのことです。
2012年にノーベル賞を受賞した山中伸弥教授が開発したiPS細胞を利用した再生医療、病態解明、新薬開発も確実に進歩しており、その臨床応用も始まっております。
他の領域においても画期的な新薬は次々と登場しています。
遺伝子診断をもとに最適な治療を行うゲノム医療もこれから発展するでしょう。
遺伝子そのものを改変する治療も登場するかもしれません。

人工知能(AI)の医学応用も着実に進んでいます。
もっとも進んでいるのが画像診断のソフト開発で、CTやMRIなど特にデジタル化が進んでいるものについて病変の指摘や質的診断などが行われています。
病理診断についても応用が進んでいます。
診断部門でもIBMのワトソンという診断ソフトが登場しています。
医療ビッグデータを利用した診療支援例えば最適な検査の提案や薬の相互作用なども開発中です。

では放射線科医師や病理医や診断部門の医師(ドクターG)が不要になるのでしょうか。
それは決してないでしょう。
確定診断は人工知能にはできないからです。
人間は感情も含めてとてつもなく複雑系であり、そもそも診断に確固たる正解はあるのかという大きな疑問がありますし、治療までには多くの意思決定のステップがあるからです。
人工知能はあくまでも医療支援に留まりそうです。

ということで医療はまだまだ医療者に多くを依存することになります。
むしろ医療の本質は変わっていないと言うことでしょうか。
医療の善し悪しは依然として医療者の資質や振る舞いによって決まります。

今年も良質な医療を提供できるよう職員一同頑張る所存です。
今年もどうかよろしくお願い申し上げます。

2019新年のごあいさつ


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2019.01.04 Fri l 院長より l top
平成30年4月から松江赤十字病院の院長を拝命いたしました大居でございます。就任にあたりご挨拶申し上げます。

大居院長


私は長年当院において血液内科、総合診療科の医師として働いてまいりました言わば「たたきあげ」です。まず私自身がモットーにしたいのは「対話」、他人の考えを良く聞くことです。一方的にならず双方向で、感情的にならず冷静に、相手が何を考えているかを聞くことをお約束したいと思います。

松江赤十字病院は創立83年目となり、住民の方々からは「日赤病院」として親しまれております。地域の「最後の砦」としての基幹病院であることが期待されています。2025年を見据えた地域医療構想のなかでも高度急性期病院であり続けることが望まれます。その際に重要なことは「救急医療」と「災害拠点病院」です。救急医療については救急医の退職により縮小せざるを得ないなかで、住民の健康を守るため病院をあげて切れ目のない医療を提供し続けてきました。特に医師には過大な負担をかけておりましたが、医師確保に明るい兆しが見られており、救急体制の充実に向けて引き続き優先課題として引き続き取り組んでまいります。災害拠点病院としては事業継続計画(BCP)を今年度中に策定し、その実効性を検証するため訓練を行いたいと思っております。

さて、病院の使命とは何でしょうか。「良質の医療を提供する」ことに尽きると思います。質の高い医療という意味も、ここ10年くらいの間に単に難しい病気を治すことだけでなく、個々の患者さんにあった標準治療を安全・安心に行うことに大きく変わっております。医療安全、感染管理は重点項目として引き続き行っていきますが、臨床指標(QI)による質の評価も取り入れます。しかし何より患者さん一人一人を大切にすること(赤十字の理念である人道、すなわちいのちと尊厳の重視)が最も重要なことは明らかです。

最後にもう一度、対話を通じて良質な医療を提供することを目標に掲げ職務に励みたいと思います。ご指導ご鞭撻をどうかよろしくお願いいたします。


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.04.03 Tue l 院長より l top
院長です。
明けましておめでとうございます。
平成も30年となりますが、今年はどのような年になるのでしょうか。
皆様方にはよい年でありますようにお祈りいたします。

今後の日本の大問題はやはり少子化ではないかと思います。働いて税金を納める人口が少なくなるわけで、市場も縮小化せざるを得ない時代が来ます。
医療界は特に都市部ではしばらくの間は団塊の世代の人口が多いので、介護の部分は別にしても、医療にはそう大きな変化はないかと思われますが、少子化の顕著な地方の中山間地では、今後どのようにすれば医療を行っていくことができるのか、厚労省をはじめ、自治体も真剣に検討してはいます。
しかし、なかなか具体的な方策は出てきていません。
地域医療構想(人口の多い団塊の世代が後期高齢者となる2025年をにらんで、医療機関の再構成をする)や地域包括ケア(病院から在宅まで、地域全体で患者さんをケアする)というのもそういった考えから出てきたものと思いますが、皆が満足できる制度などありうるはずもなく、医療者も患者や家族も今までどおりに医療を行う、あるいは受けるということはできなくなるだろうと予測します。
どの程度のレベルなら我慢できるのか、考えてみなければなりませんが、そういう事態に陥ってみないとわからないのが現実かなとも思います。

今年は診療報酬改定の年ですが、同時に介護保険の改定もあります。
今後顕著になっていくであろう人不足の中で、どのようにすれば事業を続けていくことができるのか(働き方改革も事業存続のためには重要なことではありますが)、医療界のみならず、すべての経営者にとって考えねばならないことが山ほどあり、頭の痛い年になりそうです。

今年も松江赤十字病院は救急やがん、その他多くの専門的な急性期の医療を続けてまいります。
何卒宜しくお願い申し上げます。

院長近影2


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.01.09 Tue l 院長より l top
院長です。
明けましておめでとうございます。
今年はよい年でありますようにお祈りいたします。

HATA院長b

  医療界は大きな変化が来る年です。少子高齢化の波と増える一方の医療費が大きな問題となっており、地域医療構想(人口の多い団塊の世代が後期高齢者となる2025年をにらんで、医療機関の再構成をする)や地域包括ケア(病院から在宅へ)、医療事故調査制度(事故かどうかは別にして予期せぬ死亡を全て報告する)、新たな専門医制度の発足、診療報酬改定など対処せねばならないことが本当に多くある年です。
  これらは住民の方々にも少なからず影響のあることばかりですので、自分には関係ないことだといわずに、国の広報やマスコミの報道などを注意して頂きたいと思います。
  今年も松江赤十字病院を、またこのブログも何卒宜しくお願い申し上げます。

H28年1月掲載航空写真b


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2016.01.01 Fri l 院長より l top