FC2ブログ
平成30年4月から松江赤十字病院の院長を拝命いたしました大居でございます。就任にあたりご挨拶申し上げます。

大居院長


私は長年当院において血液内科、総合診療科の医師として働いてまいりました言わば「たたきあげ」です。まず私自身がモットーにしたいのは「対話」、他人の考えを良く聞くことです。一方的にならず双方向で、感情的にならず冷静に、相手が何を考えているかを聞くことをお約束したいと思います。

松江赤十字病院は創立83年目となり、住民の方々からは「日赤病院」として親しまれております。地域の「最後の砦」としての基幹病院であることが期待されています。2025年を見据えた地域医療構想のなかでも高度急性期病院であり続けることが望まれます。その際に重要なことは「救急医療」と「災害拠点病院」です。救急医療については救急医の退職により縮小せざるを得ないなかで、住民の健康を守るため病院をあげて切れ目のない医療を提供し続けてきました。特に医師には過大な負担をかけておりましたが、医師確保に明るい兆しが見られており、救急体制の充実に向けて引き続き優先課題として引き続き取り組んでまいります。災害拠点病院としては事業継続計画(BCP)を今年度中に策定し、その実効性を検証するため訓練を行いたいと思っております。

さて、病院の使命とは何でしょうか。「良質の医療を提供する」ことに尽きると思います。質の高い医療という意味も、ここ10年くらいの間に単に難しい病気を治すことだけでなく、個々の患者さんにあった標準治療を安全・安心に行うことに大きく変わっております。医療安全、感染管理は重点項目として引き続き行っていきますが、臨床指標(QI)による質の評価も取り入れます。しかし何より患者さん一人一人を大切にすること(赤十字の理念である人道、すなわちいのちと尊厳の重視)が最も重要なことは明らかです。

最後にもう一度、対話を通じて良質な医療を提供することを目標に掲げ職務に励みたいと思います。ご指導ご鞭撻をどうかよろしくお願いいたします。


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.04.03 Tue l 院長より l top
院長です。
明けましておめでとうございます。
平成も30年となりますが、今年はどのような年になるのでしょうか。
皆様方にはよい年でありますようにお祈りいたします。

今後の日本の大問題はやはり少子化ではないかと思います。働いて税金を納める人口が少なくなるわけで、市場も縮小化せざるを得ない時代が来ます。
医療界は特に都市部ではしばらくの間は団塊の世代の人口が多いので、介護の部分は別にしても、医療にはそう大きな変化はないかと思われますが、少子化の顕著な地方の中山間地では、今後どのようにすれば医療を行っていくことができるのか、厚労省をはじめ、自治体も真剣に検討してはいます。
しかし、なかなか具体的な方策は出てきていません。
地域医療構想(人口の多い団塊の世代が後期高齢者となる2025年をにらんで、医療機関の再構成をする)や地域包括ケア(病院から在宅まで、地域全体で患者さんをケアする)というのもそういった考えから出てきたものと思いますが、皆が満足できる制度などありうるはずもなく、医療者も患者や家族も今までどおりに医療を行う、あるいは受けるということはできなくなるだろうと予測します。
どの程度のレベルなら我慢できるのか、考えてみなければなりませんが、そういう事態に陥ってみないとわからないのが現実かなとも思います。

今年は診療報酬改定の年ですが、同時に介護保険の改定もあります。
今後顕著になっていくであろう人不足の中で、どのようにすれば事業を続けていくことができるのか(働き方改革も事業存続のためには重要なことではありますが)、医療界のみならず、すべての経営者にとって考えねばならないことが山ほどあり、頭の痛い年になりそうです。

今年も松江赤十字病院は救急やがん、その他多くの専門的な急性期の医療を続けてまいります。
何卒宜しくお願い申し上げます。

院長近影2


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.01.09 Tue l 院長より l top
院長です。
明けましておめでとうございます。
今年はよい年でありますようにお祈りいたします。

HATA院長b

  医療界は大きな変化が来る年です。少子高齢化の波と増える一方の医療費が大きな問題となっており、地域医療構想(人口の多い団塊の世代が後期高齢者となる2025年をにらんで、医療機関の再構成をする)や地域包括ケア(病院から在宅へ)、医療事故調査制度(事故かどうかは別にして予期せぬ死亡を全て報告する)、新たな専門医制度の発足、診療報酬改定など対処せねばならないことが本当に多くある年です。
  これらは住民の方々にも少なからず影響のあることばかりですので、自分には関係ないことだといわずに、国の広報やマスコミの報道などを注意して頂きたいと思います。
  今年も松江赤十字病院を、またこのブログも何卒宜しくお願い申し上げます。

H28年1月掲載航空写真b


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2016.01.01 Fri l 院長より l top
仕事始め式

 明けましておめでとうございます。年末の突然の衆議院選挙で、忙しい年の瀬が更に慌ただしく感じられましたが、皆様いかがでしたでしょうか。新たに選ばれた代議士の先生方には、これからの国の舵取りを、地方を見捨てることなく、しっかり行っていただきたいものです。
 昨年の診療報酬改定で平均在院日数の短縮を迫られ、夏場は空床が目立ちましたが、寒くなって肺炎患者さんの入院が増えるとともに病床利用率が上がり、職員は忙しく働いています。医師不足は相変わらず改善されておらず、科によってはむしろ悪化の傾向にあります。いつになったら解消されるのでしょうか。
 医療体制については今後の少子高齢化の進行を見据えて変化せざるを得ない状況です。ある資料(※)によると松江医療圏の一般病床数は団塊の世代が後期高齢者に仲間入りする2025年には、現在の病床数は約300床以上余る(療養病床は除く)という数字が出されています。平均在院日数を更に短縮するよう迫られるならば、もっと空床が増えることになります。
 そこで厚生労働省は地域の状況に応じた医療構想(ビジョン)を作るよう、各県に指示しており、これから本格的な議論が始まることになります。当医療圏の適切な病床数や医療機能を検討し、再編や統合等も含めて考えていくことになりますが、それぞれ設立母体が異なるので困難が予想されます。最終的に知事が判断し指示することになっていますが、簡単にはいかないことでありましょう。
 病院の消費税損税問題にしても、10%への増税の時に俎上に上るはずでしたが、延期となりましたのでこのまま続くことが予想され、それもまた病院経営上大きな問題です。
 いずれにしても今後医療体制がどう変わっていくのか、住民の皆さん方も注目していただくようにお願い申し上げます。
(平成27年元旦)

                                      松江赤十字病院 院長 秦 公平


(※) ケアレビュー社 「病院情報局」2014.11


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2015.01.06 Tue l 院長より l top
明けましておめでとうございます。
今年もよい年でありますように。

さて、昨年はアベノミクスによる景気回復(地方ではなかなかその実感がありませんが)で
皆さん期待を持っておられたところでしょうが、一方で異常気象による洪水や竜巻被害など、
近年になかった現象が起こってきています。
松江も時々浸かったりした過去があるようで心配です。
また、消費税も上がることも決まり、少子高齢化の進行で年金問題も
先行きどうなるか不安なこともあって、まだ元気はでません。

2014秦院長

医療の点では昨年12月29日から市の休日救急診療室が開始されました。
休日の救急医療(特に多くの軽症者の受診)は急性期病院に大きな負担となっており、
それが幾らかでも軽減されることは、スタッフの負担が減ることになり、大変喜ばしいことであります。
市民の皆さん方に松江市の医療の現実を理解していただき、ご協力をお願いしたいと思っております。
何卒宜しくお願い申し上げます。

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2014.01.06 Mon l 院長より l top