こんにちは。5南病棟看護師Uです。

私達の病棟では毎月看護師主催のレクリエーションがあり、
毎年12月にはクリスマス会をおこなっています。

今年は研修医の先生方がサンタクロースの格好をして
ヴァイオリンの演奏をしてくださいました。


クリスマス会1


クリスマス会に向けての準備では、患者さんとスタッフが
折り紙で輪飾りを作ったりデイルームの飾り付けをしたりと
楽しく過ごせました。

ヴァイオリンの演奏もとてもすてきでした!

演奏後はサンタさんからのプレゼントと手作りカードをもらい、
みんなでプレゼントを見せ合い盛り上がりました。


クリスマス会2


参加して下さった先生方です!本当にありがとうございました。
はやくも来年のクリスマス会が楽しみです☆



ブログ検索  クリスマス




看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.01.26 Fri l 看護師の声 l top
皮膚・排泄ケア認定看護師の【治るといいなっ子】です。


石飛  ブログ用


地域連携課から褥瘡に関するセミナーを
やってほしいとの依頼があり、お引き受けすることにしました。

褥瘡といえども予防から治療まで幅広く・・・

当院で開催している褥瘡コース研修の
プログラムを参考に内容を検討していただいたところ・・・

なんと2回に分けてやって欲しいと・・・
ムムム・・・2時間×2日=4時間できるかなぁ~
喋れるかなぁ ~ (。。 ;)))) ゞ(^^ ;)


さてセミナーでは、
『みんなの「目」で地域の皮膚を守ろう』をテーマに
パートⅠ予防編(9月28日)
パートⅡ治療編(12月7日) を行いました。

18時からという遅い時間からの開催にも関わらず、
毎回、医師、看護師、理学療法士など
多職種の方50~60名の参加者があり、
安来圏域の褥瘡に関する関心・意識の高さに驚きました。

年々高齢化が進むなか、皮膚も弱くなり褥瘡をはじめ
スキンテア(摩擦やずれによって皮膚が裂けてしまうこと)など
皮膚損傷を生じる可能性の高い患者や利用者が増えてます。

まずは皮膚を意識してみてほしい、
病院問わず地域から・・・そして予防してほしい・・・

そして治療にもまずはアセスメントすることが
一番の治療になる・・・語りました・・・
あっという間の4時間でした。


褥瘡セミナー


今回は、ほんの基本の基本の4時間。
可能であれば、個々の症例検討など具体的な語りができれば、
今回の語りの知識が実践につながるのではと思っています 。

いつでも語れるように出動できるように、
この冬はインフルエンザにかかることなく、
声が出るよう感染対策に努めていきたいと思います p(@^^@)q

皆さんも感染対策のマスク・手洗い励行、
そのあとはきちんと保湿ケアもお忘れなく(^^)



ブログ検索  褥瘡




看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.01.12 Fri l 看護師の声 l top
救命救急センター看護師たまちゃんです。

10月に札幌コンベンションセンターで開催された
変化をみかたに!~地域包括ケアシステムを支えるマネジメント~」を
メインテーマとした第48回日本看護学会-看護管理-学術集会
発表してきました。

3年取り組んだ看護研究
「救命救急センターに配置転換した看護師の3年間の気持ちの変化」です。
ポスター発表で、立っていると質問があるアテンド形式でしたので、
直接質問者の方と話ができました。

私たちは3年間という長期間、研究に取り組んできました。

実際に取り組んでいる間は大変だったという正直な気持ちと、
3年経過し学会発表までやり遂げた達成感でいっぱいの今の気持ちは、
まさに私たちが研究してきた
3年間の気持ちの変化を表しているようでした
( ^_^)/ \(^。^ )


日本看護学会 看護管理 札幌 1


3年間、頑張ってきた慰労とご褒美に
北の大地 北海道へ来たんだから~
おいしいもの食べなくちゃ♡♡♡ということで…

札幌すすきの名物
昭和29年創業「だるま」の行列に雨の中頑張って並んで、
よ~く冷えた生ビールと炭火で焼くジンギスカンは最高!
たまねぎも美味しかったです (^^)

札幌のスープカレーは、ジンギスカンやラーメンと並ぶ名物グルメ。
ゴロンと入った大きな具がスープカレーの魅力で、
新鮮な魚介類と広大な大地でとれた野菜がとってもおいしくて
一口目から「おいしい~」と何度も。

スープカレーを食べるのは初めてでしたが、
これはハマってしまいそうな逸品でした。

小樽では、絶対お寿司を食べると決めていました。
寿司屋通りと言われる寿司屋が並ぶ場所があり
120軒もの店があるとのこと。

どの店でも
新鮮なよいネタで間違いはないと言われている小樽寿司。

小樽のガラス工房で作られた
綺麗で透明なガラスの皿に盛りつけられた握りは
まさに目で楽しみ、舌で楽しめるという味わいでした。

北海道の旅を満喫して楽しむことができました \(*^^*)/


日本看護学会 看護管理 札幌 2


この度、学会発表に参加し
3年間研究を最後まで取り組むことができたのは、
ご指導いただいた研究委員会の方々、大学の先生、
研究に協力してくださった救命救急センタースタッフの
皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。

この学会で得られた質問、意見も参考にし、
私たちが行った研究を基に更なる教育的サポートの充実が
図れるように関わっていきたいと思います。



ブログ検索  研究

看護部トップページ > 看護活動 > 看護研究




看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.11.20 Mon l 看護師の声 l top
看護師のCです。

療養支援係として日頃から患者さんの退院後の生活にも
視点をおきながら看護を行っています。


この度、当院で開催された
第4回松江赤十字病院・ケアマネ合同研修会に参加しました。

院内外より約120名の参加があり、ケアマネジャー、
薬剤師、ソーシャルワーカー、看護師と多くの職種が集いました。

最初に当院診療看護師の本田看護師より
「多剤併用の弊害」という内容で講義がありました。

医療の進歩でとても良い薬がたくさんできています。
その一方で必要以上の量の薬を飲んでいることがあるということ、
高齢の方は薬の効き目が強く出すぎてしまうことがあるなど、
医療者としてとても興味深いお話を聞くことができました。


多剤併用の弊害


島根県薬剤師会理事・松江市薬剤師会より
「島根県薬剤師会相談窓口の案内」と題して
地域の薬局・薬剤師のお仕事や、
かかりつけ薬剤師・薬局照会センター事業のお話がありました。

地域の一部の薬局では、
薬剤師さんが家を訪問し、お薬の説明や管理のお手伝いなど、
薬に関する困ったことに対応してくださることを知りました。

患者さんが退院された後の服薬管理に、
かかりつけ薬局の薬剤師さんが関わってくださることを
看護師としてもとても心強く思いました。
これから認知度がさらに上がり、お薬のことで悩んでおられる方々が、
安心安全に在宅で服薬管理ができるといいなと思いました。


江赤十字病院・ケアマネ合同研修会


講義を聴いた後は、
グループごとに経験談を共有し、
今回の研修での学びをどう活かしていくか話し合いました。

いろいろな職種の視点から意見が飛び交い、
充実したグループワークでした。

患者さんが
地域で元気に過ごせるようサポートしていくにあたり、
私たちはそれぞれの職種や病院・地域などの働く場所の特徴を
活かしながら、情報を共有し合っていくことが必要と再確認しました。

とても学びの多い、楽しい研修会に参加でき、満足でした。
今回の学びをしっかり今後につなげていきたいと思います。



ブログ検索  療養支援




看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.11.15 Wed l 看護師の声 l top
NICUのMです。

9月9日の救急の日に、ゆうあい熊野館にて開催された
まちの保健室」に参加してきました。

「まちの保健室」は島根県看護協会の活動です。

病院に行くほどではないけど、健康に不安があるという人のために、
健康相談にのったり、血圧や体重・体脂肪測定、骨密度測定をしたり、
管理栄養士や歯科衛生士からのアドバイスを受けたりできるイベントです。

久々に熊野大社に来たので、
まずお参りをしてから臨みました。(_ 人 _)

会場の準備後は、打ち合わせと役割分担です。
私は初めての参加で、しかも最近大人の患者さんに接することがないため、
何をしたらいいのか戸惑う部分もあり・・・すぐ「受付やります。」と
立候補 p(@^。^@)q 呼び込み担当の方のサポートもありました。

土曜日の朝、
「人がどれくらい来るのかな・・・」と思っていると、
お風呂に入るのを目的に結構人が。。。

「血圧測定やその他健康チェックを行っています。いかがですか?」と声をかけると、
「ああ、自分の身体が悪いのはわかっているからいいよ。」との返事 (^^:)

なかなか立ち寄ってくれる人がおらず・・・幹部(?)の人に
「いつもどれくらい来られるのですか?」と聞くと、
「まあ2時間で10人チョイかな?」とのこと。

根気強く呼び込みをしていると、お風呂上りの人が何人か。。。

「何かお身体で気になるところはありますか?」
「血圧どう?よく下の血圧が高いって言われるんだよね。」
「ああ、少し高いですね。ほかにもお身体チェックしてみましょうか。」
などと会話をしながら、体脂肪や骨密度測定、
栄養相談などにまわってもらいました。

最終的には13人の方が参加して下さいました。


ブログ検索  温泉


最後に片づけをしていると、一人の女性が来られ、
「まちの保健室の方?私この前参加してね、骨密度が低いと言われたの。
それをきっかけに受診して今薬を飲んでいます。見つけてくれてありがとう。」
と声をかけてくださいました (^^)

こんなフィードバックがあるなんて、すごいなと感動しました。
また機会があれば参加したいなと思います。


看護部紹介  6階周産期センター




看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。




2017.11.01 Wed l 看護師の声 l top