fc2ブログ
こんにちは、患者総合支援センターのYです。
先日、当院で地域医療スキルアップセミナーが開催されました。
このセミナーは松江圏域の医療機関や在宅療養に携わる医療従事者が参加する勉強会で、地域と医療機関のより良い連携を目指し、顔の見える関係を築く場にもなっています。

PA280036 - コピー

今回のテーマに『ACP(人生会議) について考えてみませんか?』があり、 カードを使ったレクリエーションをしました。
「家族の負担にならない」「お金のことを整理しておく」など書かれたカードの中から、一番大切にしたいカードを手にします。当たり前のことかもしれませんが、隣の参加者の方と自分の選んだカードは違うものでした。
このセミナーを通して、死生観はその人のライフステージや病期、これまでの生き方により異なることを改めて実感し、無意識のうちに自分の価値観を患者さんに押しつけてしまっていないか?と自身に問い直す機会となりました。

PA280045 - コピー

また、死生観はその時々で変化することがあり、まずは患者さんと信頼関係の構築が大切であるということ、さらに、患者さんから預かった(知りえた)情報を地域の皆様と共有していくことが重要です。

“人生の最期にどうありたいか?”日頃から語りの場を持つことの大切さを学びました。





かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。



2023.11.24 Fri l 看護師の声 l top
皆様こんにちは。看護師4年目のTです。
私は呼吸器・形成外科の病棟で勤務していましたが、初めての部署異動で救命救急センターへ配属されました。
IMG_3760 - コピー

救急分野に興味はありましたが、異動を知ったときは重症度や緊急度の高い患者さんを看護できるのかという不安の方が強かったです。また、初めて関わるスタッフと上手くコミュニケーションを図れるか、勤務形態も2交代から3交代に変わり、生活リズムなど環境の変化に対する不安もありました。
IMG_3778 - コピー

そんな中、異動してはや半年が経ちました。
様々な症状の患者さんが来られるので、初めて出会う疾患や治療に戸惑うこともあります。しかし、医師をはじめ多職種とコミュニケーションをとる中で日々新たな知識を得ています。また、部署内外の勉強会・研修などに参加する機会も多く、刺激や学びが多いです。
IMG_3782 - コピー

緊急入院や転出が多い病棟のため、患者さんとは短い期間の関わりとなることが多いですが、その中でも患者さんやご家族の希望を尊重した看護を心がけています。一人ひとりに寄り添った看護が出来るよう、多くの知識や技術の習得を目指したいです。




かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。



2023.09.05 Tue l 看護師の声 l top
こんにちは、教育研修推進室のYです。
先日「高校生の1日看護師・助産師体験」を開催しました。
このイベントは、一人でも多くの生徒に看護職への関心をもってもらうことを目的に、島根県看護協会ナースセンターから委託を受けて開催しています。今年は4年ぶりに約40名を迎えて開催しました。

病棟では、看護師・助産師の仕事の様子を見学し、生徒同士で血圧測定、車いす体験、先輩看護師・助産師の話を聞くなど体験していただきました。
DSCF1691 - コピー

IMG_3505 - コピー

体験後、高校生から「看護師の仕事が具体的にわかり、より一層目指したくなった」などの感想が聞かれました。

IMG_3447 - コピー

DSCF1663 - コピー

体験していただいた皆さんの、将来の夢が叶うよう、看護職一同応援しています!




かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。



2023.08.29 Tue l 看護師の声 l top
こんにちは。教育研修推進室のNです。
先日、新人看護職員を対象としたリフレッシュ研修を実施しました。

コロナが流行する前に開催して以来、4年振りのサンレイクでの開催。
午前中は、レクリエーションをして体を少々動かし、普段以上の笑顔に加えて、真剣で必死な表情も見ることができました。

①ペーパータワー - コピー
ペーパータワー(新聞紙7枚で作成したタワーの高さを競いました)

②合い言葉 編集 - コピー

午後からは、グループワークで日頃の思いや悩みを同期と話し、「悩みを共有することで、自分だけじゃないと思うことができた」「自由に意見交換できる雰囲気で、前向きな気持ちになれる研修だった」などの感想が聞かれました。最後にはグループ毎に「合いことば」を考えて、楽しい時間を過ごすことができました。
お互いの気持ちをよく理解しあえる同期を大切に、これからも頑張っていきましょう。




かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2023.07.20 Thu l 看護師の声 l top
こんにちは。教育研修推進室のNです。
新人看護職員が入職してから5月までに約30回の集合研修を実施しました。
同じ職種である看護師をはじめ、薬剤師、臨床工学技士、医療情報管理職員など多職種が講師となって、講義・演習を行っています。
写真は、集合研修の一部です。1年をかけて様々なことを学んでいます。

①採血研修 - コピー
採血研修

②感染防止研修 - コピー
感染防止研修

③インスリン研修 - コピー
インスリン研修

④静脈注射研修 - コピー
静脈注射研修

⑤吸引研修 - コピー
吸引研修

⑥医療機器研修 - コピー
医療機器研修



集合研修以外にも、検査室・薬剤部・放射線科・内視鏡室への他部門見学や部署で輸血演習などを行っています。
沢山の人に支えられて新人看護職員は頑張っています。



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2023.07.05 Wed l 看護師の声 l top
教育研修推進室 新人教育担当のNです。
新人看護職員の卒後臨床研修修了式を2月24日に行いました。
保健師助産師看護師法、及び看護師等の人材確保の促進に関する法律の一部改正により、平成22年に新人看護職員の卒後臨床研修が努力義務化され、10年以上経ちます。研修医の卒後臨床研修が義務化されている一方、新人看護職員の卒後臨床研修は未だ義務化となっていません。
当院では厚労省のガイドラインに沿って、新人看護職員は1年をかけて卒後臨床研修に取り組み、研鑽に努めています。新人看護職員の努力を評価し、更なるキャリアアップを目指す意欲を高められる機会を設けたいと考え、今年度より研修修了の要件を明確にするとともに、卒後臨床研修修了式を開催することにいたしました。

修了式② - コピー

新人看護職員全員が修了認定となり、看護部長より修了証書を受け取りました。
部署の管理者や新人教育担当者が見守る中、ひとりずつ緊張の面持ちで、臨床研修の中で印象に残ったことや今後の抱負を発表しました。
多くの新人が、ひたむきに看護に向かう姿勢を患者さんからみとめていただいたことを励みに、今後も頑張っていきたいと抱負を述べていました。
修了式① - コピー

嬉しいことも辛かったこともあった1年だったと思いますが、一生の思い出になるはずです。
4月からは、2年目になることへの期待や不安もあると思いますが、自分自身でステップアップを図ると共に、初心を忘れずに、心を込めた看護を続けていって欲しいと思います。



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。



2023.03.22 Wed l 看護師の声 l top
こんにちは。教育研修推進室 スタッフです。

17人の新人看護職員を迎え3か月が経ちました。
今回、4月から多くの集合研修に参加し、先輩たちの指導を受けながら頑張っている新人職員の様子をご紹介します。

A - コピー
手指消毒の練習中『感染を広げない』を合言葉に!

B - コピー
採血の練習(シミュレーターを使用)

C - コピー
吸引研修

D - コピー
心電図、輸液ポンプ等医療機器の研修

E - コピー
フィジカルアセスメント研修
(認定看護師から観察の方法をレクチャー)


6月には、リフレッシュ研修を行いました。
同期と一緒にレクリエーションをしながら、親睦を深めました。
F吹き出し付き - コピー

G吹き出し付き - コピー

当院では、基礎的な知識や技術の習得だけではなく、メンタル支援を目的とした研修も実施しています。
日々成長していく新人職員の姿が楽しみです!




ブログ検索 新人教育

松江赤十字病院 教育研修部門

看護部 HP




かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。



2022.07.19 Tue l 看護師の声 l top
こんにちは、のりねこです。

看護部では、看護職員の採用につなげる広報活動として「病院説明会」を開催しています。
今年も感染状況改善の見通しが立たず、Web配信での「病院説明会」としました。
そのなかで、初の試みとして看護職員のメッセージ動画を作成しました。



広報担当者に動画撮影と編集を依頼し、看護師3名の働く様子やメッセージを数日かけて撮影しました。
そして緻密な編集作業のおかげで看護師の様子や看護の魅力が伝わる、
とてもすてきなメッセージ動画が完成しました。看護学生の皆さまにとって当院で働くきっかけとなり、
就職活動に役立ったでしょうか?

 「病院説明会」が終了し、このたび一般公開することとなりました。たくさんの皆さまに当院の看護師の様子や看護の魅力が伝わるといいなと思います。



ブログ検索 看護師募集

看護師募集HPリンク


看護部 HP


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。


2022.07.11 Mon l 看護師の声 l top
こんにちは、消化器内科病棟で働くメンズナースMです。
私は他県の病院で勤めていましたが、地元松江市の医療に貢献したいと思い、2021年夏に当院の採用試験を受けました。内容はPCを使ったWebテストと、zoomでのオンライン面接でした。

当院で働き始めて2ヶ月が過ぎましたが、とても働きやすい病院だと感じています。教育体制がしっかりとしており、既卒者でも経験に合わせて教育カリキュラムを考えてもらえるので安心でした。

また、親切で優しいスタッフが多く、新しい職場で慣れないことも丁寧に教えてもらっています。
さらに、タイムカードによる勤務時間の管理など時間外労働を極力減らすような取り組みも行っており、毎日忙しいですがオンとオフの切り替えがしやすいところも魅力です。

そして、嬉しかったのは男性看護師が多いところです。部署にメンズナースが複数居るところも多く、同姓が多くて働きやすいです。新型コロナウイルス感染症の流行前には院内メンズナース会もあったようです。私はまだ参加したことはないですが、また開催されるのを心待ちにしています。

DSCN3957 - コピー




看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。



2022.06.21 Tue l 看護師の声 l top
こんにちは。教育研修推進室のHです。
当院では毎年2月に看護研究発表会を開催しています。
令和3年度は、4部署が研究に取り組みました。発表まであと1か月のところで、コロナ感染拡大のため、やむを得ず延期することになりました。研究者にとって悔しい気持ちだったと思います。

 2か月後の4月9日(土)に感染予防対策をしながら、講師である日本赤十字広島看護大学教授・川西美佐先生はオンラインで参加し、発表会を開催することができました。

 研究テーマの内容としては、「転倒転落防止」に関すること、「コロナ感染対策による面会制限」に関すること、「血液疾患患者への支援」に関すること、「ICU/CCUで勤務する看護師のストレス」に関することでした。昨年度の研究の活用報告では、ICU入室中の患者に対して多臓器障害の重症度のスコアとせん妄の関連についての研究結果を用いて、カンファレンスの中で状況を評価し、早めの対応を行うなど研究結果を日々の看護に活用しているという報告がありました。また、長年当院の研究に尽力されたO看護師に博士論文の報告をしていただきました。研究方法、分析方法などの理解には難しさはありますが、博士論文を聞く機会は貴重で、働きながら博士課程を修了された事に敬意を表すると共に専門職として刺激を受けました。仕事をしながら看護研究を行うことは、大変ですが、臨床における研究では、分からないことを研究で明らかにし、その結果を実践に活かしてこそ意味があると改めて思いました。アンケートでは、どの発表も「看護実践に活かせるものだった」、活用報告では「研究結果が質向上に役立てられていること」との感想が多くあり、研究する意義を参加者で共有できる会だったと思います。

 講師である日本赤十字広島看護大学教授・川西美佐先生に「介入研究の組み立てと押さえどころ」というテーマで講演していただきました。今回、ICUの研究は、アロマオイルを看護師に使っての介入研究であり、研究方法について学ぶ機会にしたいという思いからこのテーマを選び、わかりやすく学ぶことができました。
次回、令和4年度の発表会目指して頑張ります。


写真2 450



ブログ検索 看護研究


松江赤十字病院 教育研修部門HPリンク

看護部 HP


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。



2022.06.03 Fri l 看護師の声 l top