FC2ブログ
医療社会事業課の四番でエースの“ヤル気があれば何でもできるマン”です。
平成30年11月10日(土)に開催された第52回 中国地区医療社会事業大会に参加してきました。

医療社会事業大会


当大会は中国五県のMSW協会が毎年、持ち回りで開催しており、今年は島根県の主催でした。
大会テーマは「社会参加を支える~両立支援におけるソーシャルワーカーの役割」。
午前は厚生労働省健康局がん・疾病対策課の相談支援専門官である小野由布子先生の基調講演、島根大学医部付属病院の槇原貴子MSWと島根労働局職業安定部課の錦織三千子氏より島根県における両立支援の取り組みの報告があり、午後からは各県代表のMSW1名が各々の取り組みについて報告を行いました。

私は島根県代表のMSWとして「高齢の慢性心不全患者のACPを見据えた就労支援~築200年の民宿を営む飯炊き爺の生きがいに寄り添って~」の演題で患者に寄り添い社会参加を支えたMSWの支援の一過程について報告しました。
家庭を顧みず、毎週末、病院に籠りきりで、抄録・スライドを作成に没頭しました。
スライドが完成した時にこの発表の9割が終わったような気分になり、あまり緊張せず発表当日を迎え、終えることができました。

各県、小児~高齢者まで様々なライフステージの症例報告があり、社会参加を支えるMSWとしての役割を再認識させられる会でした。
後のシンポジウムも盛り上がり、各病院のMSWとも交流を深めることもでき、有意義な時間を過ごすことができました。
退院支援に追われ多忙な日々ですが、MSWとして初心に立ち戻り、頑張ろうと思える一日でした。
これからもがんばっていきまーす!!


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2019.03.01 Fri l 院外研修会・講演会 l top
こんにちは、リハビリテーション課のSです。

2018年11月15、16日、第54回日本赤十字社医学会総会が名古屋国際会議場にて開催されました。
当院からは18名の参加と12題の発表がありました。
会場は13会場とイベントホールからなり、多くの日赤職員で溢れていました。
私は「消化器外科患者に対する術前呼吸リハビリテーションを含む入院支援の取り組み」という演題で、呼吸器フォーラムにて発表を行ってきました。
この呼吸器フォーラムは今年で3回目の開催となります。
毎年、当院の呼吸リハ係は演題発表をおこなっています。

日赤医学会S1


学会初日に発表が無事終わり、一息ついて夕方の医療人の集いに参加しました。
名古屋のご当地グルメと美味しいお酒を参加職員で囲みながら堪能しました。

日赤医学会S2


翌日の学会終盤では表彰式がありました。
多数の医師やコメディカルの演題がある中、何と!同フォーラムで最高の金賞を表彰されました。
「いやぁ~、良かった(涙)。2年間の結果を出すことは長かったなぁ...」と安堵しました。

今回の表彰に至るまでには、入院支援部門の立ち上げ当初から、患者総合支援センター副センター長のHさん、看護師のTさんの主導の下でICU、手術室、消化器外科など多数の看護師の方々と何度も話し合い、入院支援システムの構築とパンフレットを作成してきました。
入院支援の運用開始後もいろいろな問題があり、コーチ2(呼吸練習機器)の導入をいち早く促していただいたT先生、臨床での問題に親身に一緒に考えてくださったK先生、夜遅くでも快く抄録を添削してくださったK先生。
先生方の助言や協力がなければ術前呼吸リハは上手くいかなかったと思います。
そして、何よりも誇りに思うのは、研究の計画段階から皆で話し合い、通常業務後の疲労が残る中、気が遠くなるような気分になりながらデータを蓄積し、何が患者の治療・評価として妥当かを深く考え、日々努力してきた呼吸リハ係のメンバーに感謝します。

入院支援部門の取り組みと呼吸リハビリテーションにおける臨床の成果(術前呼吸機能の改善、術後呼吸器合併症の減少、離床の早期化、消化器外科患者のリハビリの体系化)を、このような形で残すことができたことは、とても有難く、次のステップに繋がる良い経験になりました。
これからも、呼吸リハビリテーション係は患者さんの気持ちを第一に考え、チームワークを大切にして色んなことに取り組んで行きたいと思います。

日赤医学会S3
※PTのAは現在産休にて写真には映っていません


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2019.01.18 Fri l 院外研修会・講演会 l top
こんにちは、検査部のKです。

秋晴れの名古屋国際会議場で日赤医学会総会に参加しました。
松江からも12演題集まり、院長も含め18名にて参加してきました。
発表は日頃の業務の問題点や、改善点を取り上げ業務改善に役立てようととても良い発表が目立ち、今後の業務に活かしたいと思いました。
祝 リハビリテーション科 S君 呼吸器フォーラム金賞受賞。

シャバーニ1


東山動物園  秋祭り!!開催
総会の特別講演で東山動物園の話を聞き、翌日東山動物園に行くことに。
門をくぐると「シャバーニ・半端ない」という文字。
男前ゴリラのシャバーニの館の前は大賑わい!
大迫選手に負けないぐらいの半端なさでした。
そして・・・「迫力満点・オラウータン」
間近で見て、とても迫力満点でした!
どの動物コーナもお客でいっぱい!
歓声がすごかった!です。

シャバーニ2


一昔前までは動物園は家族で、デートで、遠足で、あるいは一人で。
これが動物園の役割の一つである「レクリエーション」でした。
今後はその役割にさらに動物の正しい情報の提供「環境教育」、「研究調査」「種の保存」を考える場所になりつつあると。
久々にリフレッシュしました。
だんだん。


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2019.01.09 Wed l 院外研修会・講演会 l top
こんにちは!広報部のNです。
10月下旬に日本赤十字社診療放射線技師会治療専門部が主催する「放射線障害防止法改正に係る放射線障害予防規定変更に向けた研修会」に参加してきました。
開催地はさいたま新都心駅から歩いて5分のさいたま赤十字病院でありました。

埼玉出張1

埼玉出張2
さいたま赤十字病院


近くにはスーパーアリーナがあり、ビルに囲まれたまさに新都心という立地でした。

埼玉出張4
奥に見えるのはスーパーアリーナ


放射線障害予防規定は、放射線障害の発生を防止し、あわせて公共の安全を確保することを目的としています。
法令関係はなかなか難しく、何をどのように変更していけばよいのか分からないという意見の施設がほとんどでした。
そのため、他施設との情報交換、情報共有を行うことを目的にこのような研修会が開催されました。

研修会ではまず、放射線管理研究所の方が変更のポイントを話され、グループワークでは変更の進捗状況や予防規定修正に向けた取り組みの検討などの意見交換をしました。
あまり携わったことのない自分にとっては、初めて聞く内容なども多くあり、また他施設の方の意見も数多く聞かせていただき参考になりました。

埼玉出張3
隣には県立小児医療センター



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.11.22 Thu l 院外研修会・講演会 l top
こんにちは、薬剤部です。
9月1日に愛媛で開催された第23回中国・四国赤十字病院薬剤業務研修会に、当院薬剤部より9名参加させていただきました。
この研修会では例年若手薬剤師が積極的に発表できる場となっておりまして、今年は12の病院から15の演題発表がありました。当院からも2年目の薬剤師が2名発表しました。
各病院の業務や取り組みについて参考になることが多々あり、今後の業務に活かしたいと思いました。

薬剤部1


研修会の後は、各病院の貴重な情報交換の場である懇親会がありました。
今年の余興は各テーブル対抗(病院ごとではないです)の薬品名並び替えクイズが開催され、一位のチーム全員に愛媛ということで今治タオルをプレゼントされました。

薬剤部2

薬剤部3

薬剤部4


道後温泉の近くということで、プライベートでもまた訪れたいと思いました!!

薬剤部5



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.11.15 Thu l 院外研修会・講演会 l top