5階東病棟脳神経センター看護師Sです

3、4年目になる3人で、6.30〜7.1に鹿児島県で行われた
第18回日本医療情報学会 看護学術大会で発表してきました!

私たちは昨年、急性期の治療を経て回復期へ転院される
患者さんの看護サマリーを、テキストマイニングという統計的な分析を使い、
課題を明らかにすることを目的に研究に取り組みました。

難しい分析方法や考え方については、
大学の先生にアドバイスを頂きながら学びました。

慣れない数学的な考え方やたくさんのデータを扱い、
苦労もありましたが、統計を使って客観的に結果を出し、
私たち自身納得のいく結果がでたときは本当に嬉しかったです(°▽°)♪

初めての学会発表は、ドキドキととても緊張しました。

発表後に質問をいただいたときには、
私たちの研究結果が全国に発信できたことを実感し、
今まで頑張ってきて良かったなと思いました(^○^)

鹿児島県では、頑張って研究を行ったご褒美に
美味しい黒豚しゃぶしゃぶを食べました。
桜島にも上陸してきました!

梅雨真っ只中の山陰とは違い、天気もカラッとしてとても暑かったです💨
夏を先取りした気持ちで、楽しく過ごすことができました(*^▽^*)


桜島


今回の研究を最後まで取り組むことができたのは、
ご指導頂いた研究委員会の方々や大学の先生、
研究中応援して支えて下さった大好きな病棟の先輩方、
ご協力いただいた方々のおかげです。
本当にありがとうございました。

今回の結果を元に、今後は継続看護のための看護サマリーが、
より充実したものとなるように取り組んでいきたいと思います。

学会



ブログ検索   脳神経    学会

カテゴリ    看護師の声



看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2017.08.24 Thu l 学会へ行ってきました l top
リハビリテーション課 ノツです。

去る6月23日24日、第18回日本言語聴覚学会が
松江市のくにびきメッセにて開催されました。

学会テーマは
「地域に開かれた、地域に愛される、地域に信頼される言語聴覚士になる。
-地域包括ケアに求められる言語聴覚士の役割―」です。

全国学会が山陰で開催される機会は
自分たちの言語聴覚士人生の中でも、この1回きりであろうということで
当院の言語聴覚士も病院業務もがんばりつつ・・・、はりきって参加しました。

一般演題421題、参加者数も1800名を超える大きな学会となり、
当院からも3題の演題発表と学会スタッフ等の協力も行いました。

学術的な教育講演や発表ももちろんありますが、
当学会は一般市民向けに市民公開講座も開催しています。


今回はその市民公開講座のお話をしようと思います。

今回の市民公開講座は3部構成となっており、

第1部「失語症患者と寄り添う」 
第2部「喉頭癌について今あなたに伝えたいこと
-最新医療・社会サポート・発声方法の習得-」 
第3部「人工知能とコミュニケーション」

という内容でした。

私たちは第1部の「失語症患者と寄り添う」に
参加・協力させていただきました。

前半は茨城県立健康プラザ管理者の
大田仁史先生による失語症についてのお話、

後半は松江圏域で活動されている失語症友の会
「だんだんトークの会」のみなさんと失語症友の会について紹介しました。


大田仁史先生には、
「めだかの学校」のたとえで「誰が生徒で先生か」、患者・家族と
言語聴覚士の関係について、お互いに支えあう大切さを教えてもらいました。

それを踏まえ、だんだんトークの会のみなさんと一緒に、
事前にたっぷり打ち合わせをして練習をした友の会の紹介と、
友の会のみなさんの手作り銭太鼓を使って、出雲市で勤務している
言語聴覚士による箱人形との競演で安来節を踊りました。


DSC_8382.jpg



MOV_8383_000257.jpg


「さすが本番に強い!!」と思わせるほど、
本来、人前でお話することが苦手になったはずの
失語症患者のみなさんの完璧な自己紹介。

ご家族も一緒にはっぴに豆絞りをまとっての
一致団結した箱人形とのコラボレーション。


終了後、大田先生と一緒に記念撮影をして
大田先生からご家族へ励ましのお言葉をたくさんいただき、
また俄然やる気をいただいた私たちでした。

今回の市民公開講座を通して、さらに
「地域に開かれた、地域に愛される、
地域に信頼される言語聴覚士になる」気持ちを再確認しました。

最後になりましたが、学会へ参加させていただきありがとうございました。

今後とも自己研鑽に励み、
地域に還元できる言語聴覚士になるべくがんばりたいと思います。



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.08.08 Tue l 学会へ行ってきました l top
専門看護師のぱんだです。

6月に、横浜で開催された日本緩和医療学会に参加してきました。

今回の学会メインテーマは

集い対話する
疾病と共に健やかさを生きるために
社会の中で活きる医療となるために


で、多くの講演、シンポジウム、症例検討ワークショップ、一般演題等がありました。

日本緩和医療学会

私は、他施設の緩和ケア活動を把握し、
自施設での活動に役立てたいと思い参加しました。

看護ケアの最新エビデンスといった最新の知見を得るだけでなく、
症例検討やシンポジウム参加を通して、日ごろの自分の活動を
振り返ることができました。

そして、頑張っていることと課題の両方を再認識でき、収穫の多い学会参加となりました。

どの会場も立ち見が出るほどで、演題や講演が終わると
フロアーは多くの人で混雑していました。
学会終了後に約8,500名の参加者だったと聞き、その多さに驚きました。

学会1日目は快晴で、青空や夕焼けに癒されました。
また、ともに学んだ他施設の仲間にも出会い、
食事をしながら楽しい時間を過ごすこともでき、エネルギー注入できました(^^♪

夕焼け



ブログ検索  専門看護師 認定看護師


看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2017.08.01 Tue l 学会へ行ってきました l top
つぶです。

今年も医療情報学会春季学術大会に行ってきました。
今回は、発表は無く参加のみ。
DPCやシステム、医療機器、データ解析の話が中心です。
今回は看護の話は少なかったかな。

さて、福井では小さな駅でも白衣を着た恐竜が出迎えてくれます。
初日は、学会のお世話でバスに乗り込み、いざ博物館へ!

市内から約1時間、田んぼの向こうに見える卵のようなドーム、
あれはもしやと思ったら、やっぱり!!

恐竜博物館

恐竜の卵をイメージしてあるそうです。
カナダのロイヤル・ティレル古生物学博物館、
中国の自貢恐竜博物館と並び、世界三大恐竜博物館と称されるとのこと。

さて、着いたらまずエスカレーターで地下に降り、
トンネルの向こうにはティラノサウルス(写真は撮り忘れました…)
草食恐竜をはじめ、巨大な骨格がいくつも並んでいます。
40体以上の恐竜の全身骨格があるらしい。すごい!

恐竜博物館 骨格

恐竜だけでなく、亀の祖先だとかマンモスだとか両生類や
岩石や植物もいっぱいあって、1時間ではちょっと足りません。残念。

恐竜博物館 3

福井駅にも、恐竜がいました。
昼間はわからなかったのですが、吠えてましたね。
かなりの迫力です。

福井駅前の恐竜

学会は、学びだけでなく遊びも大事ですね。また明日から頑張らなくては。


カテゴリ  学会へ行ってきました


看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.07.06 Thu l 学会へ行ってきました l top

こんにちは!!看護師のDです(*’▽’) 
今回、日本集中治療医学会学術集会に参加してきました。
第44回の開催地は、なんと真冬の札幌!!
さぞや寒かろうと、ヒートテック3枚とステテコを着込んで、いざ札幌の地へ。

新千歳空港を一歩出た3月の北海道は、思いの外とても過ごしやすい気候となっていました。

全4会場で3日間の日程で行われた学会には、医師をはじめ、看護師、臨床工学技士等様々な職種の方が、大勢参加されていました。
ホテルを貸し切りするほどの人数でした!!

普段あまり学会等に参加することがない私は、こんなに大勢の方が集中治療に携わっているのかと、とても驚きました。

1日目2日目と教育講演やセミナーに参加し、最新の医療情報や疾患の治療・看護等について聞くことができました。
参加したセミナーの中には、息継ぎもできないくらい難しい内容も。
今度参加するときは、ちゃんと勉強してから参加しようと心に誓いました。

3日目は先輩方のデジタルポスター発表がありました。
大勢の前で威風堂々と発表され、こんな日本の端っこの地でも注目を浴びてしまう先輩方に、尊敬の念を抱かずにはいられませんでした。

3日間の札幌での生活の思い出は、もちろん大部分は学会に参加したことですが、番外編としてお伝えするのなら、なんといっても食事!
北海道


右を向いても左を向いても美味しいものだらけ!
お寿司にラーメン、ジンギスカン、スープカレー!
その中でもスープカレーは、2日連続でいただくお気に入りの一品となりました。

その他松江の堀川を彷彿とさせる小樽運河やホテルからの夜景・・・。
色々な魅力があり、大変充実した3日間を過ごすことができました。(*^▽^*)♪

今回の学会での学びを日々の仕事に活かしていきたいと思います!!
そして皆さん、リフレッシュにはぜひ日本の端っこ、北海道まで行かれることをお勧めします!!

                                           D

ブログ検索   北海道
ブログカテゴリ 学会へ行ってきました

看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.05.08 Mon l 学会へ行ってきました l top