外来看護師の遠所&土江です。

わたしたちは10月20日・21日に栃木県で行われた日本赤十字社医学会総会に参加してきました。
外来に所属している私たち2人ですが、外来では 放射線科 一筋です。

放射線科には治療を専門とする部署と検査を行う部署があり、看護師は部署を掛け持ちで走り回っています(*^^*)

放射線科勤務も長くなった私たち、「今まで頑張った足跡を残したい!!との思いから、今までの成果を形にしてみようと思いつきました。

「看護師による静脈注射」が看護業務に加わり、当院でも2008年より所定の研修を受けた看護師による造影剤の静脈注射が開始となりました。
先輩の看護師さんたちが基盤を作られ、ひきついだ私たち。CT・MRI造影剤からはじまり、現在はPETやRIなど放射性同位元素の静脈注射も行っています。

2013年診療報酬改定にて「放射線治療室に看護師が必要」と認められ、私たちの業務は変化していきました。
検査部門と治療部門を行ったり来たりする中で、造影剤静脈注射などの様々な業務を行うのは大変ですが、放射線検査や治療を受ける患者さんの気持ちを大事にし、寄り添うように努めています。

看護師の視点で他職種と協働して看護を提供することが、やりがいにつながっていると実感しています。

そんなわたしたちの看護が伝わればいいなと思い発表してきました。

写真1

写真2

日赤学会には初めての参加でしたが、日本全国の赤十字施設の様々な職種の方や、自施設でも日頃あまり接することのない職種の方の話を聞き、とても貴重な時間となりました。

懇親会では地元の美味しいものをいただきお腹も満たされました(*^。^*)

写真3

毎年行われる赤十字医学会、来年は仙台だそうです!!美味しいお肉に・・・観光はどこへ行こうかなぁ・・・早くも気持ちは来年へ向いているわたしたちでした!!

写真4

ブログ検索 日本赤十字社

カテゴリ 学会へ行ってきました

看護部 HP



『NHK海外たすけあい』 特設Webサイト


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2016.12.22 Thu l 学会へ行ってきました l top
日本糖尿病療養指導士(CDE-J)のMです (@^_^@)

日本糖尿病教育看護学会に参加してきました。
参加者がディスカッションできる「交流集会」があり、今回初めて参加しました。

「糖尿病療養に使用した針の廃棄はどうあるべきか」というテーマで、参加者は居住地域ごとにグループ分けされました。

「使用済みの針の廃棄」については、住んでいる地方自治体によって家庭から出る医療廃棄物の扱いが異なるため、標準化された方法はありません。

松江市では、ペットボトルなど、フタのできる容器に入れて必ずフタをすれば、燃やせるごみとして廃棄できます。

当院では、外来受診等の際に持ってきてもらえば、病院で廃棄しています。また調剤薬局でも回収するところがあるようです。

医療者からの説明がなかったため、患者さんはインスリンの針をどうして良いかわからず、
● 普通に捨てた
● 畑や山に埋めた
● ドラム缶で焼いた
● 遺品の整理をしていたら、大量に押入れから出てきた
などのエピソードが披露されました (ノ_・。)

患者さんが日常の生活で困られないように、情報を収集して説明していかなければならないと痛感しました。

また、ペットボトルでは針が貫通したり、瓶は落とすと割れる危険性があります。
( ^_^;;))))))

そのため、硬質のボトルを患者さんに配布している病院や、針捨てボックスを外来に設置し、患者さんがそこに針を捨てるようにしている病院などもあり、参考になりました。
(^-^*)(。。*)ウンウン

企業に針入れ用容器を開発・販売してもらってはという意見もありましたが、たまたま学会に参加されていた企業さんいわく、価格が1個500~600円になるとのこと。
捨ててしまうものにそこまでお金が出せるだろうか、という意見もありました(^^?)

1時間という短い時間でしたが、いろんな地域の看護師の話を聞くことができ、私自身とても身になる交流集会でした。また機会があれば参加したいなと思います。

ブログ検索 糖尿病

看護部 HP



『NHK海外たすけあい』 特設Webサイト


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2016.12.21 Wed l 学会へ行ってきました l top
つぶです。
横浜で開催された第36回医療情報学連合大会に行ってきました。
日本医療情報学会

さて、2日目の早朝「40秒後に地震」の防災速報通知!!「え朝食行きたいんだけど。。。」「後になると混むし。。。」「本当に起きるの行っちゃう」「いやいや待て待て、エレベーターに閉じ込められても困るし」・・・「お~揺れる揺れる。予報当たったじゃん。」

12階だったのでかなり揺れました。ハンガーとかカタカタ言ってるし。横浜で震度4。ちょっと長かったので、なんだか船酔いみたいで気分悪かったです。

で、おさまってからエレベーターに乗ったら、12階から1階に着くまで5回も停まりました。ま、仕方なし。。。みんな考えることは同じ。。。

さて、3日目はというと…観測史上初という11月の降雪。はは、イベントいっぱいです。
でも街はクリスマス気分
クリスマス

ところで「連合大会」とは、
厚生労働省や日本医学教育学会、日本医学放射線学会、日本クリニカルパス学会、日本薬剤疫学会、日本糖尿病学会、日本POS医療学会

など他学会や団体と協働企画した学会ということです。
なので、毎回なのですが、病院経営やDPC分析、データ管理と2次利用、地域連携、eラーニングや教育、画像や電波、パス、持参薬や処方箋、血糖データの話など盛りだくさんでした。
朝 会場まで

3日間みっちり聞いてちょっと疲れましたが、一番印象に残っているのは、あるシンポジウムで電子カルテとパスの違いはという話題。

・電子カルテは問題発生型だが、パスは目標達成型
・電子カルテはデータが構造化されていないが、パスは構造化されているからデータ抽出が容易

・全ての疾患のパス化は困難かもしれないが、パス化が進めば医療・看護の標準化が進み、蓄積されたデータの解析による新たな発見も
・電子カルテがパスを含むのではなく、その逆、電子カルテがパスに包含されるのでは

との話。ふーん、なるほど。。。目からうろこです。

さてさて横浜でしたから、ランチョンから始まり中華三昧
1日目の夕食は、知人お勧めの小さな小さな食堂の感じ。
2日目は飲茶でした。
中華

ということで、医療情報学会で 函館、新潟、仙台、東京、幕張、横浜、神戸、岡山、松江、長崎、鹿児島と行きました。沖縄、福井、盛岡は行かず。。。
学会貧乏かな~(^^;;)

ブログ検索 電子カルテ

学会へ行ってきました


看護部 HP



『NHK海外たすけあい』 特設Webサイト


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2016.12.13 Tue l 学会へ行ってきました l top
こんにちは脳神経センターのゆりこ、ようこ、ゆきです♪♪♪

11月17-18日に三重県津市で開催された、日本看護学会-ヘルスプロモーション-学術学会で発表してきました(*^_^*)

ヘルスプロモーションとは「人々が自らの健康とその決定要因をコントロールし、改善することができるようにするプロセス」と定義されています。

実際に学会でも、急性期から在宅まで、様々な領域のヘルスプロモーションに関する発表がありました。

学会に参加するまでは、ヘルスプロモーションについて、健康維持増進のための取り組みとぼんやりとしかイメージがついていませんでしたが、

実際に様々な発表を聞いて、私たちが提供するADL拡大を目的とした看護ケアの一つ一つも、積み重なれば健康維持増進への取り組みに繋がっていくことを改めて実感しました。

そんな中、私たちは『軽症脳梗塞患者の血圧測定習慣と日常生活における自己管理との関連』について、研究発表をしました。

日本看護学会-ヘルスプロモーション-学術学会

この研究に取り組み始めたのは、思い返せば2年半前です。急性期病院でしか働いたことのない私たちが、患者様が退院してからどんな生活をしておられるのだろう?退院後どんなことに困るのだろう?という疑問から始まりました。
そして、脳梗塞の最大の危険因子である『高血圧症』に注目し、研究を始めました。

多くの参考文献と先行研究を調べ、研究計画書を含め論文作成まで、たくさんの時間を費やしてきました。2年半という時間はかかりましたが、大きなポスターも出来上がり、自信を持って発表することができました。

この研究が出来上がったのも、最後まで丁寧にご指導いただいた研究委員会、応援してくださった病棟スタッフの皆様、何よりも、退院後であるにも関わらず研究にご協力いただいた研究対象者の皆様のお陰です。
この場をお借りして感謝申し上げます。大変ありがとうございました。

今後は、ぜひ、この研究結果を臨床現場で活かしていきたいと思います

ブログ検索 研究 ヘルスプロモーション


看護部 HP

 鳥取県中部地震
  【平成28年鳥取県中部地震災害義援金】受付を開始しました <詳細はこちらから>

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2016.11.29 Tue l 学会へ行ってきました l top
診療支援室で医師事務作業補助者(クラーク)をしている“着ぐるみっこ”です。
10月15・16日、11月12・13日の計4日間、日本医療マネジメント学会が主催する「2016年度 医師事務作業補助者指導者養成講習会」に参加してきました。

初めての出張だったことと、飛行機嫌いなうえに一人で飛行機に乗ったことがなく、不安と緊張がありましたが、無事に東京を二往復することができました。

1-1_20161122093558309.png 1-2_20161122093600e2d.png

せっかくなのでスカイツリーとソラマチへ寄ってみました。
某キャラクターの期間限定カフェがありましたが、一人で行っていたため自分が石にしまわれる写真は撮れませんでした

講習会の会場は、東京都文京区にある日本医科大学医学部の教育棟でした。日本医科大学の近くに東京大学もあります。大きい病院や大学が近くにいくつもあるなんて“都会”

2_20161122093601a53.png

位置としては上野の方です。
日本医科大学医学部教育棟は坂の上だったため、息切れしながら歩きました。
 
3_20161122093603cfc.png

講習会は4日間、朝~夕方までみっちり行われました。
内容としては、個人情報保護法や医師法などの基礎的なことから、医療書類作成、秘書業務、診療録管理、がん登録などなど盛りだくさんでした。資料も計200ページ弱…

4_20161122093604505.png

今回参加者は全国から100名ほどおられ、グループワークもあり意見交換もできました。
今まであまり学んだことのない事や、改めて学んだ事もありとても有意義な講習会となりました。
スライドや画像等、著作権や個人情報の関係で配付資料も厳選されていたため、講習会の写真をここに載せることが出来ませんでした

最後に、11月に日比谷で某漫画家の友人と会った際に、友人が撮影したゴジラ像です。缶ビールを手にしていた外国人が群がっていましたが、日本語とジェスチャーで話しかけたところ、写真撮影のため避けてくれ、さらにこの後シャッターまで押してもらえましたよ

5_20161122103848ab9.png

 鳥取県中部地震
  【平成28年鳥取県中部地震災害義援金】受付を開始しました <詳細はこちらから>

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2016.11.28 Mon l 学会へ行ってきました l top