FC2ブログ
こんにちは、ドクターランナーSです。

このたび12月2日に記念すべき第1回の国宝松江城マラソンに参加してきました。
県内では14年ぶりのフルマラソンだそうで、マラソン人気も手伝って国内外から約5000人の参加者が集まりました。
当院からも地元とあり多数が参加者しましたが、その中で当院では5人の医師がドクターランナーを拝命しました。
心臓血管外科のS先生、外科のK先生、歯科口腔外科のY先生、研修医のF先生、そして唯一の女子はわたくしSです。

フルマラソンは今回で4回目となりましたが、ドクターランナーの経験ははじめてです。
我々に与えられた役割は、周囲で体調不良となった方がいらっしゃった場合に、救護にあたるということです。
そうした状況のとき以外は普通に走ればいいのですが、関門に引っかからないようにというのがさらに課せられた任務でした。

「ドクターランナー」と書かれた真っ赤な帽子とビブスを身に着け、さぁいざスタートラインに立ちます。
12月とは思えない見事な快晴の中、総合体育館前で8時45分に号砲が鳴り響きみんな一斉にスタートしました。

松江城マラソン1


スタート早々に、あまりにビブスが目立つためか近くのランナーの方から「ドクターの近くにいたら安心だな」と声をかけられました。
その方は、そう言い残したあと颯爽と私を抜いていき、すぐに姿が見えなくなりました・・・。

さて、コースですが、松江城を眺め宍道湖大橋を渡り、再度総合体育館前からだんだん大橋をくぐります。
大根島へ渡り、中海を左手に眺めながら国道431号線を延々と松江方面に向かい、再び総合体育館前まで戻ってくるといった自然豊かなコースです。
アップダウンは比較的少なく初心者にも比較的走りやすいコースでした。

道中、沿道からは本当に暖かいお声をたくさんかけていただきました。
ドクターランナービブスが目立つためか、「がんばれドクター!」「先生頑張って!」と本当にたくさんのご声援をいただきました。
今までの人生の中でこんなにも応援していただいたのは初めてです。
また、沿道の人々の中には外来患者さんや当院職員の姿も多数あり、みなさんの応援のおかげで疲労が吹き飛びすごく楽しい気持ちで走ることができました。

松江城マラソン2


幸いにも課せられた任務どおり関門に引っかかることはなく、さらに周囲の方も(自身も)倒れることなく無事にゴールにたどりつくことができました。
そして他の当院ドクターランナーの先生方も、全員無事にゴールすることができました。
S先生とY先生は最後までデッドヒートをしていたようですが、お二人とも無事にゴールできてよかったです。

松江城マラソン3


タイムは・・・またこれからもますます練習に励み頑張ろうと思いました。

帰宅後は温泉に入り、夜は重すぎる体を引きずって打ち上げ会場になんとかたどりつきました。

松江城マラソン4

松江城マラソン5


マラソンを通じてたくさんの方と交流ができ、本当に素晴らしい経験でした。
最後になりましたが、沿道で応援していただいた皆様、ボランティアの皆様、本当に本当にありがとうございました。


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター

2018海外たすけあいバナー


↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.12.24 Mon l 地域とつながります l top
こんにちは、病院広報のセンスです。
松江東高校2年生25名が来院し、医師、薬剤師などの各職種から仕事の説明や魅力、選んだきっかけを説明しました。

東高企業訪問


これは、東高のキャリア教育活動の一環として、高校在学中に県内優良企業の実際の活動及び様々な仕事や働き方などを体験的に学習することで、大学卒業後の就職先として県内企業を積極的に選択し、将来島根に貢献できる人材となるよう育成することを目的に実施されています。

当院で働く職種をできる限り紹介したかったのですが、1時間という依頼でしたので、厳選に厳選を重ねた6職種:医師、助産師、薬剤師、臨床検査技師、リハビリ療法士、臨床工学技士の仕事を紹介しました。
6職種の職員は、とても見やすく分かりやすいスライドを作成しており、興味を引くような話術で高校生を魅了していたように思います。

高校生の反応は上々で、アンケートでは全員が「病院や医療に興味を持った」と回答しており、中でも「臨床工学技士」が最も興味を持たれたようです。
また、自由意見では「知らない職業を今回知ることができて良かった」「病院では本当に様々な職種の人がそれぞれの役割をこなして治療を行っているということに驚いた」といった前向きな感想が数多く見られました。

今回訪問してくれた高校生の中から、将来の島根の地域医療を担う人材が生まれることを願っています。



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.08.31 Fri l 地域とつながります l top
細胞検査士会メンバーY.M.です。

この活動はNPO法人「子宮頸がんを考える市民の会」が提唱し、医学会メンバーの日本臨床細胞学会細胞検査士会が全国のネットワークを利用して啓発を行っています。
活動も10年を超えて、今回で11回目を迎えました。

平成30年4月7日(土)に9時から16時まで出雲市のショッピングモールで医療関係者や看護大学生、県健康福祉部の約40名がお祭り気分で啓発活動に参加しました。
当院からも3名のメンバーが予防を呼びかけました。
なんと言ってもゲストにカミアリージャー(神在者)戦隊5人組や鳥大吹奏楽サークルの医学生3名、ご当地キャラの「しまねっこ」・「吉田くん」・「まめなくん」の豪華メンバーが揃って応援に駆けつけてくれました。

2018LOVE49_1

老若男女を問わずあまりの大盛況に一瞬、何のイベントか忘れていまいそうでした。
山陰中央新報社やNHK松江の取材もあり、山陰をはじめ中国地方への報道は啓蒙に効果的でありました。

子宮を大切に、そして子孫をはじめ大切なものを守る意味合いのキャッチフレーズ「LOVE 49(しきゅう)」は、多くの市民の方に受け入れられ活動の輪が拡がっているように思います。
検診率は伸び悩みの傾向にありますが、継続は力なりの精神で微力ながら子宮頸がん撲滅に貢献できることを信じて参加しています。

2018LOVE49_2



2018赤十字運動月間バナー




かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.05.10 Thu l 地域とつながります l top
こんにちは、病院広報のセンスです。

当院では現在、病院建物をグリーンにライトアップする緑内障の啓発活動「ライトアップ in グリーン運動」を実施中です。

緑内障は日本における中途失明原因第1位であり、これを防ぐには緑内障のことを知り、早期発見・継続治療することが重要となります。

日本緑内障学会では、緑内障を啓発するため毎年3月の世界緑内障週間に合わせ、国内のランドマーク施設をグリーンにライトアップする啓発活動を平成27年から全国で展開。
今年は島根県が初めて参加し、当院を中心に取り組んでいます。

活動は当院のほか、松江城と山陰中央テレビもグリーンにライトアップ。
3月11日から開始しており、松江城は12日まででしたが、当院と山陰中央テレビは3月17日まで実施中です。

ぜひライトアップをご覧いただき、緑内障のことを少しでも知っていただければと願っています。


緑内障ライトアップ1
松江赤十字病院


緑内障ライトアップ3
松江城


緑内障ライトアップ2
山陰中央テレビ本社鉄塔


バナーをクリックすると「ライトアップ in グリーン運動」に参加できます。リンク先の画面で「島根県」を選択して登録してください↓
緑内障ライトアップ4



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2018.03.15 Thu l 地域とつながります l top
こんにちは、病院広報のセンスです。

当院では市民の皆さん向けに「健康医学講座」を開催しています。
7月は「漢方薬の本当“じっくり飲めばじっくり効く”はウソ」と題して、
総合診療科副部長・岩﨑伸治医師が講演しました。


漢方


漢方薬は西洋医学の弱点を補うもので、何千年もかけて試行錯誤で完成したものとのこと。
当日は平日の昼間にもかかわらず、20名以上の方が聴講されました。


今年度の健康医学講座は6月~12月まで月1回開催しています。
詳しくは当院ホームページでご覧ください。


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.09.08 Fri l 地域とつながります l top