12月に入って、今年もいよいよ残すところあと僅かとなりましたね。

日本赤十字社ではこの時期、NHKさんと共同で「海外たすけあい募金」活動を行っています。
街頭での募金活動や窓口での募金受付をはじめ、各地でイベント・キャンペーンを行い、海外への支援活動についてさまざまな呼びかけを行っています。
東日本大震災に見舞われた私たち日本にも、先進国だけでなく決して豊かではない多くの国々から赤十字を通じて支援を受けました。

2016たすけあい(小) 2016たすけあいmalawi_01(小)2016たすけあいmalawi_02(小)
<画像クリックで拡大>

日本赤十字社では「特設Webサイト」を設けて、海外で支援を必要としている地域や人々のリアルな現状を動画などで紹介しています。
特設サイトでは、赤十字に寄せられた皆さまからの募金をどのように使っているのか、使われようとしているのかがわかりやすく掲載されていますのでぜひご覧ください。


<画像クリックで『NHK海外たすけあい』 特設Webサイトへリンク >

師走の空を見上げた彼方で <紛争> <病気> <災害> で苦しむ人々の声に耳を傾けていただき、そして支援の手を差し伸べたいと感じられた時、その思いを私たち“赤十字”が繋ぎます。


【島根県での関連イベント】
名 称 : 第25回 NHK歳末・海外たすけあいフェア
日 時 : 平成28年12月11日(日) 午前10時~午後3時
場 所 : いきいきプラザ (松江市東津田町1741-3)
主 催 : NHK松江放送局、島根県共同募金会、日本赤十字社島根県支部

会場では、主催団体それぞれのブースでチャリティーライブやバザー、NHKおかあさんといっしょ「ガラピコぷ~」写真撮影コーナーなど、小さなお子さんも楽しめる催しがたくさんあります。
詳細は以下のチラシやNHK松江放送局ホームページをご覧ください。

H28NHK海外たすけあいチラシ(小)




『NHK海外たすけあい』 特設Webサイト

          ハートラちゃん 住んでいるところ(サイズ200)


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2016.12.08 Thu l 赤十字の活動 l top
 日本赤十字社島根県支部は、赤十字の基本理念である人道(生命と健康を守り、人間の尊厳を確保すること)を、救急法という具体的な知識・技術をとおして普及しています。その一環としての標記大会を開催いたします。

 つきましては、出場頂けるチーム(1チームは3人)を募集いたしますので、奮ってご参加下さい。優勝杯、参加賞があります。

 また、どなたでも観覧できますので、興味のある方は是非お越し下さい。(当日観覧の方にもプレゼントのチャンスがあります。)

 詳細については、当支部 までお問い合わせください。

ポスター(第7回FA競技大会)b

1.期   日  平成28年10月16日(日)
          12:00~16:00


          ※競技チーム受付時間:11:00~11:40
          (心肺蘇生の部出場チームは11:20集合)

2.会   場  島根県立武道館
          (松江市中原町52番地 ℡22-5712)


3.開催要項  別紙のとおり  県支部要項掲載ページへリンク

4.申込締切  平成28年9月20日(火)
           別紙出場申し込み書により、当支部までお申し込み下さい。
          *郵送またはファックス・メールにてお申し込み下さい。
              
  申込先:日本赤十字社島根県支部
  〒690-0873 松江市内中原町40
  電 話(0852)21-4237
  FAX(0852)31-2411
  メールアドレス jigyou@shimane.jrc.or.jp

三角巾包帯法の部(1)b 三角巾包帯法の部(2)b

心肺蘇生の部(1)b 心肺蘇生の部(2)b
<前回大会の様子>


≪ 第3回 病院まつり開催 ≫
病院祭り2016_A4(表)1 病院祭り2016_A4(裏)2


日本赤十字社では「平成28年熊本地震災害義援金」の受付を行っています。
(松江赤十字病院でも募金いただけます。)

日本赤十字社 平成28年熊本地震災害義援金について



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター
2016.09.13 Tue l 赤十字の活動 l top
皆さん、こんにちは。看護師のくまモん子です。

5月に、熊本赤十字病院へ病院支援に行ってきました。
私は救急外来の配属になりましたが、発災から1ヶ月が経ち、病院は平常に戻りつつあるという印象を受けました。

くまもん

救急外来を訪れる方の中には、避難所生活を強いられている方も多く、共同トイレで水の制限があり、利尿剤を飲まずに心不全が悪化した方、自分の体の事どころではないと無理をされ病状が悪化した方、過労やストレス症状が出た方など被災した色々な方のお話を聞かせてもらいました。

テント村

実際に被害の大きかった町を視察して、病院で受け入れるだけでは想像できなかった被災地の実状を目の当たりにして、救急搬送されてきた患者さん達の思いを実感しました。

また、熊本赤十字病院では年4回災害訓練が行われているとのことで、救急外来の看護師さんの意識の高さとともに、病院として職員の意識付けが進んでいると感じました。

熊本赤十字病院

「備えあれば憂いなし」 自然災害がいつどこで起こるか分からない昨今、訓練の必要性を実感しました。赤十字としての組織の団結力を感じるとともに、一員として働けた事は、自分にとってとても貴重な経験になりました。

日本赤十字社 熊本県支部 災害対策本部

熊本の支援活動で出会った様々な方に心温かく接してもらい、感謝の気持ちでいっぱいの2週間でした。

ブログ検索 救急外来 救護

看護部 HP



日本赤十字社では「平成28年熊本地震災害義援金」の受付を行っています。
(松江赤十字病院でも募金いただけます。)

日本赤十字社 平成28年熊本地震災害義援金について



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター
2016.07.26 Tue l 赤十字の活動 l top
松江赤十字病院では、熊本地震の支援として継続して支援活動を行っています。
DMAT、救護班第1班に続いて救護班第2班および熊本赤十字病院の業務支援として医師、看護師を派遣しています。
また、救護班第3班も派遣予定です。(島根県の日赤では、益田赤十字病院からも救護班を派遣しています。)

救護班第2班a
<糖尿病・内分泌内科 垣羽医師他6名 4月27日から派遣>

病院支援業務(野津Ns)b  病院支援業務(寺本Ns)b
<熊本赤十字病院 支援 野津看護師(左) ・ 寺本看護師(右)>

病院支援業務(岩崎Dr)a
<熊本赤十字病院 支援 循環器内科 岩崎医師>

日本赤十字社では、救護班の派遣とともに“こころのケア”要員や、毛布や安眠セット、ブルーシートなどの救援物資を全国の支部・施設から提供しています。

熊本県熊本地方を震源とする地震に対する日本赤十字社の対応について



同時に、支援を必要とする地域や人々が国内・海外で大勢おられます。

赤十字の原点。それは、1859年にスイス人のアンリー・デュナン(赤十字の創始者)が、イタリア統一戦争の激戦地ソルフェリーノで「苦しむ人は敵味方関係なく救護しなくてはならない」という思いを持ったことがきっかけです。

アンリー・デュナンの誕生日である5月8日を「世界赤十字デー」と定め、世界190カ国と地域に広がる赤十字・赤新月社に関わる一人ひとりが、赤十字について原点に立ち戻ります。

日本赤十字社は、その「世界赤十字デー」がある5月に赤十字運動月間を展開。今年は、「人がいま、試されている。」をキーメッセージに、人道的な使命を果たすことを目的とした民間組織として活動をお伝えするキャンペーンを展開しています。

今現在行われている熊本地震での医療救護活動や、今後起こりうる首都直下型地震や南海トラフ巨大地震等に備えた救援物資の備蓄や救護訓練など、赤十字が行う活動は、赤十字の理念に賛同してくださる皆さまからお寄せいただく、寄付や活動資金(赤十字社員の会費)によって支えられています。

皆さまのご協力をお願いいたします。

世界赤十字デー松江城ライトアップa
<世界赤十字デーに合わせて全国でランドマークの赤十字カラー(赤色)ライトアップが行われました>
松江では、松江城が赤色にライトアップされました。
熊本城を含めたこの度の震災で被害を受けた地域の一刻も早い復興をお祈りします。


日本赤十字社では「平成28年熊本地震災害義援金」の受付を行っています。
(松江赤十字病院でも募金いただけます。)

日本赤十字社 平成28年熊本地震災害義援金について



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター
2016.05.16 Mon l 赤十字の活動 l top
松江城を“赤十字カラー”にライトアップします

【期 間】 平成28年5月6日(金) ~ 5月9日(月)
【時 間】 日没から22時まで

「苦しんでいる人を救いたいという思いを結集し、人間のいのちと健康、尊厳を守る」を理念に掲げる日本赤十字社は、19世紀にアンリー・デュナンが提唱した「敵味方の区別なく救う」という戦時救護を目的として世界各地に広がる国際赤十字連盟の一員です。デュナンは国際赤十字の創設者としてノーベル平和賞の第一回受賞者となりました。そのデュナンの功績を讃え、彼の誕生日(5月8日)を世界赤十字デー(World Red Cross Day)と定めています。

アンリー・デュナン
<アンリー・デュナン>

日本赤十字社では、世界赤十字デーである5月8日を中心に、全国各地で公共・民間施設を赤十字カラーにライトアップし、世界赤十字デーを祝うとともに、デュナンが強く訴えた「人道」の大切さをライトアップを見かけた人々と一緒に考えたいと思います。


       ハートラちゃん ワクワク(サイズ100)
<日本赤十字社マスコット ハートラちゃん>
  ハートラちゃんの誕生日も5月8日!!

この機会に、いつもと異なる松江城をぜひご覧になってください

松江城1
<試験ライトアップの模様>



日本赤十字社では「平成28年熊本地震災害義援金」の受付を行っています。
(松江赤十字病院でも募金いただけます。)

日本赤十字社 平成28年熊本地震災害義援金について



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター
2016.05.06 Fri l 赤十字の活動 l top