FC2ブログ
こんにちは。血液疾患センターのIです。
数年前に廃校になった赤十字看護学校の卒業生で、就職して早、30年が経ちました。
2人の子どもたちも成人し、相手をしてくれなくなった今、
私の唯一の楽しみは一昨年から飼い始めた2匹のネコとの触れ合いです。
子どもたちのように口ごたえをしたりしないのでただただ無条件に可愛い!!
image.jpg

このネコたちのために一部屋リノベーション。
夏はエアコンで室温調整、冬はネコの必須アイテムとも言えるこたつを置き、
運動不足にならないようにとキャットタワーにキャットウォーク、
不用意に外に出かけないようにエスケープゲートまで設置する徹底っぷりと、
ネコたちに話しかける時の私の赤ちゃん言葉に我が子たちは完全にドン引きです(笑)

でも、皆さんはご存知ですか?ネコが気持ちの良いときに鳴らすぐるぐる音には
聞いている人間の免疫力を高める働きがあるらしく、
このコロナ禍で、中国ではネコの需要は高まる一方なんですよ!!

お陰で私は毎日仕事のストレスをネコに癒してもらい、同時にネコのグルグル音で
免疫力もアップ!ネコたちのためにもう少し働けそう…と思う今日この頃です。



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。



2021.04.16 Fri l あふた~ファイブ l top
診療支援室の医師事務クラークAです。
令和3年3月8日に診療支援室内研修会として班活動報告会を行いました。

医師事務クラークとは外来などの診察時、
医師の電子カルテ入力、文書作成などの事務作業を補助するお仕事です。

10年前の導入当初は9名から始まった医師事務クラークも、
今では30名を超える大所帯となっています。
クラーク同士の連携や情報共有のため、外来のブロック配置を基準に7~10名ずつの班を編成して日々コミュニケーションを取るようにしています(^^)
また、早退や休暇を安心して取得できるよう、班の中で相互に業務補完も行えるような体制を目指しています。

昨年度から、年度末に班内で行った業務補完の試みを発表する報告会を開催しており、今年度も各班の活動について、報告を行いました。

写真1

活動内容は班ごとに自分たちで決めるため、内容は様々です。

ある班では、休憩時間を午後2時までに取れない日があることを問題点とし、業務を交替することで休憩取得ができることを目標に活動しました。
これまでの診療科マニュアルの内容を見直して誰が見ても分かるようにし、休憩を取れる仕組み作りに取り組みました。

今年度は診療科の担当交替や新人採用が多かったため、引き継ぎ時の業務支援を班の中で行ったり、コロナ問診の入力を分担して行うこともしていました。
大変なことも多かったのですが、横の繋がりを強く感じた一年でした(^^)

写真2

他の班の取り組みを聴くことで、次年度からの班活動で「もっと何かできるかも」と考えるきっかけにもなりました。
医師事務クラークに期待される業務は年々増加しています。限られた人数の中で効率よく業務を行っていけるよう、また自分たち自身が働きやすい職場作りを目指して、今後も皆で協力しながら頑張っていければと思います。



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。



2021.04.13 Tue l 院内研修会・講演会 l top
こんにちは、たけのこです。
私は子供のころから料理を作ることが大嫌いでした。
どんなに空腹でもじーと待っていました。

学生の時を含めて独身で一人暮らしをしているときにも絶対に作りませんでした。
2つ違いの弟は小さい頃にNHKの「今日の料理」を熱心に観て料理をしたりしていたのですが
私はさっぱりでした。

ところがなぜか、50代も終わりに近づいたこの歳になって、
ごく最近、2つ料理をつくりました。

麻婆豆腐とあんかけチャーハンです。
mapo-tofu.png
553a36eb0df8dd9acc1a28ccfa63e0d6_w.jpeg

テレビ番組でお笑い芸人が作っているのを真似て作ったのですが
これが2つともなかなかの出来でした。
というか、なかなか作り出すのに気乗りがしなかったのですが、
隣で中学生の娘が「じゃあ私が…」と言って作り始めたところ、
がぜん私も料理を作る気になりました。
実際には娘がメインで私が助手といった感じでしたが。

それでも料理をつくった満足感あり、家族の中でのポイントアップあり、
食卓はおおいに盛り上がりました。

間違いなく私の中で、いいえ我が家の今年のニューストップ10に入ることでしょう。
今後さらにレパートリーを増やす気持ちにはなりませんけれども。
家族の偉大さを実感したというエピソードです。




かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。



2021.04.09 Fri l あふた~ファイブ l top
 令和3年の新年度が始まりました。今年は春の訪れが早くすでに桜は満開を過ぎ、初夏の陽気です。

 昨年度は新型コロナウイルス感染症(以下コロナ)のパンデミックで大変でした。島根県は他県に比べ感染者数は多くなく、当院もなんとか通常の診療とコロナの診療を両立することができ、地域の皆様への責任は果たせたことに安堵しております。しかし病院経営にはかなりの影響が出ており、当院も効率的な病院運営を模索し体質改善中です。とは言え病院をご利用の方々にご迷惑をおかけすることなく従来通り安全・安心の急性期医療を中心とした医療を提供していく所存です。
コロナは今年度もくすぶり続けており、先が見通せませんが、コロナに打ち勝つためには今まで通りの感染予防対策と、確実なワクチン接種が重要と考えております。当院は駐車場を含め手狭で多数の方々に対応できる適当な接種会場が確保できず、松江市とも協議し、住民の方々への接種はメッセを会場とした集団接種に職員を派遣し実施いたします。副反応対策にも備え、安心して受けていただけるよう準備しております。

 新年度を迎え、例年通り職員の異動がありましたが、診療科については大きな変化はありません。診療機器については昨年度末に血管造影用の最新鋭機器を導入しました。放射線科や脳血管疾患領域で使用していた血管造影用機器が老朽化し、数年前から更新を検討して参りましたが、この度ようやく更新ができました。新しい装置はバイプレーン型の透視装置で2方向のアームとCT装置で質の高い立体的な血管の画像や断層画像が得られ、確実なナビゲーション、放射線照射時間・量の軽減で診断・治療が高度化でき、なおかつ治療時間の短縮、放射線被曝量の軽減によってより安心安全な診療が可能となります。脳血管疾患など各種血管系の病気の診断治療、がんなどの診断治療、外傷の診断治療そのほか多方面に威力を発揮するものと思います。

 どうぞ今年度も松江赤十字病院をよろしくお願いいたします。

IMG_2655トリミング



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。



2021.04.06 Tue l 院長より l top
こんにちは。薬剤部のNです。

新型コロナウイルスのワクチン接種に向け、国や各自治体で準備が進められています。
松江市でも、集団接種の場合は、薬剤師が注射器にワクチンを準備し、
スムーズにワクチン接種が行えるように準備を進めています。

松江市薬剤師会でも、ワクチン接種の当日に向けての研修会を3月24日・25日に行いました。
仕事を終えた市内の薬剤師約20人が参加しました。松江赤十字病院からは、講師3名が参加しました。
PXL_20210324_110910268.jpg

PXL_20210324_111051980.jpg

参加者は、ワクチンに見立てた薬剤を定められた量の生理食塩水で薄め、
0・3ミリリットルずつ注射器に入れる作業を体験しました。
実際に使う機材はまだ届いていないため、研修では一般的なもので代用しました。

保険薬局に勤める薬剤師は普段あまりやらない業務ですが、
今回の研修の後も各自で練習し、本番に向けて準備を進めていく予定です。




かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。



2021.03.31 Wed l 病院いろいろ l top