島根県に半世紀も住んでいるおばさんながら、初めてです(^^;;)
さて、歩くのは30分くらいかと思いきや、案外 一時間ほどかかってしまいました。

Googleで「おにのしたぶるい」で検索しても漢字変換されませんね。残念。。。

最初に吊り橋を渡ると、そそり立つ大きな石の壁やごつごつとした巨岩があちこちに。
「あ、危ない!!なんて、なんだかサスペンス

曇りだったので、ほとんどの写真はピンボケ。夏はすごく気持ちよさそうです。
もう少し遅かったら紅葉も。。。梅雨や冬は滑ったら怖いかな~~ (やっぱりサスペンス
鬼の舌震い

さて、公衆電話のサインがあったものの、公衆電話の箱しか見えず「ないのか」と思って近づいたら、何やら黒いものが。。。
鬼の舌震い 公衆電話

なんと家庭用の電話機が置いてあるではありませんか!!!しかもちゃんと通じておりました。もちろん無料です!!奥出雲町太っ腹です (^。^)ノ

ソフトバンクは圏外で使えませんでした。私のau は全く大丈夫。さすが山に強いauです。
島根県人として感謝しています m(_ _)m

さて、サスペンスの後は、もちろん温泉です \(^^)/
雲南市木次(きすき)の湯村温泉には行かれたことがありますか
木次 湯村温泉

ここのお湯は掛け流しで、窓の下には斐伊川が流れ、お気に入りです。
小っちゃいのですが、なんだかとても落ち着きます。写真の掛け流し わかるかな

湯村温泉 露天風呂

でも、来る人が少なく、ちょっと残念。広島、関西の方とか、結構遠くから、何かのついでに来られる方も多いんですけどね(*^^*)

窓の下には斐伊川

写真の岩は、鬼の舌震いから流れてきたんでしょうか

松江からは、忌部越えか国道54号線経由。車で往復2時間ほど。
木次には「おろち湯ったり館」もありますし、温泉三昧もいいかも♪♪♪

地図 鬼の舌震 湯村温泉

ということで、ちょっとだけリフレッシュして、また明日から頑張ります。
p(@^_^@)q

ブログ検索

ブログカテゴリ あふた~ファイブ


看護部 HP

 鳥取県中部地震
  【平成28年鳥取県中部地震災害義援金】受付を開始しました <詳細はこちらから>



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2016.12.01 Thu l 看護師の声 l top
こんにちは。栄養課のルイボスです。
栄養課だより11月号では、キウイフルーツについて紹介しました。

キウイフルーツの栄養素としては
風邪予防に効果的なビタミンC
腸内環境を整えて便秘を予防・解消する食物繊維
抗酸化作用をもつビタミンE
胎児や乳幼児の発育を助ける葉酸
が含まれています

キウイフルーツはたんぱく質を分解する酵素であるアクチニジンを多く含んでいるため、お肉料理の下ごしらえの際に果汁につけておくと、お肉を柔らかくすることができます。
今回はキウイフルーツで柔らかくしたお肉を使ってビーフシチューを作りました。

【材料】(4人分)
・牛肉  300g        ・デミグラスソース 300g
・キウイフルーツ 1個   ・ケチャップ 大さじ1
・たまねぎ  200g      ・赤ワイン 100ml
・じゃがいも 150g     ・水 300ml
・にんじん 100g      ・塩・こしょう 少々
・バター 15g        ・ブロッコリー 80g

【作り方】
下準備:すりおろしたキウイフルーツに一口大に切った牛肉をつけて
2時間冷蔵庫に置いておく。
①たまねぎはくし切り、じゃがいもは一口大、にんじんは乱切りにする。ブロッコリーは小房に分け、ゆでる。牛肉はキウイフルーツをふきとり、塩・こしょうをふり、軽くもみこむ。
②鍋にバターを熱し、牛肉に焼き色がつくまで焼く。
③たまねぎ・にんじん・じゃがいもを加え、炒める。
④赤ワイン・水を加え、沸騰したらアクを取り、
ふたをして弱火で20分煮込む。
⑤デミグラスソ-ス・ケチャップを加え、
ふたはしないで弱火で時々混ぜながら20分煮込む。
⑥皿に⑤を盛り、ブロッコリーをトッピングする。      
(一人当たり370kcal)
ほっとあったまるビーフシチュー、ぜひ作ってみて下さい

1_20161128092334446.png


 鳥取県中部地震
  【平成28年鳥取県中部地震災害義援金】受付ています <詳細はこちらから>

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2016.11.30 Wed l 栄養課だより l top
こんにちは脳神経センターのゆりこ、ようこ、ゆきです♪♪♪

11月17-18日に三重県津市で開催された、日本看護学会-ヘルスプロモーション-学術学会で発表してきました(*^_^*)

ヘルスプロモーションとは「人々が自らの健康とその決定要因をコントロールし、改善することができるようにするプロセス」と定義されています。

実際に学会でも、急性期から在宅まで、様々な領域のヘルスプロモーションに関する発表がありました。

学会に参加するまでは、ヘルスプロモーションについて、健康維持増進のための取り組みとぼんやりとしかイメージがついていませんでしたが、

実際に様々な発表を聞いて、私たちが提供するADL拡大を目的とした看護ケアの一つ一つも、積み重なれば健康維持増進への取り組みに繋がっていくことを改めて実感しました。

そんな中、私たちは『軽症脳梗塞患者の血圧測定習慣と日常生活における自己管理との関連』について、研究発表をしました。

日本看護学会-ヘルスプロモーション-学術学会

この研究に取り組み始めたのは、思い返せば2年半前です。急性期病院でしか働いたことのない私たちが、患者様が退院してからどんな生活をしておられるのだろう?退院後どんなことに困るのだろう?という疑問から始まりました。
そして、脳梗塞の最大の危険因子である『高血圧症』に注目し、研究を始めました。

多くの参考文献と先行研究を調べ、研究計画書を含め論文作成まで、たくさんの時間を費やしてきました。2年半という時間はかかりましたが、大きなポスターも出来上がり、自信を持って発表することができました。

この研究が出来上がったのも、最後まで丁寧にご指導いただいた研究委員会、応援してくださった病棟スタッフの皆様、何よりも、退院後であるにも関わらず研究にご協力いただいた研究対象者の皆様のお陰です。
この場をお借りして感謝申し上げます。大変ありがとうございました。

今後は、ぜひ、この研究結果を臨床現場で活かしていきたいと思います

ブログ検索 研究 ヘルスプロモーション


看護部 HP

 鳥取県中部地震
  【平成28年鳥取県中部地震災害義援金】受付を開始しました <詳細はこちらから>

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2016.11.29 Tue l 学会へ行ってきました l top
診療支援室で医師事務作業補助者(クラーク)をしている“着ぐるみっこ”です。
10月15・16日、11月12・13日の計4日間、日本医療マネジメント学会が主催する「2016年度 医師事務作業補助者指導者養成講習会」に参加してきました。

初めての出張だったことと、飛行機嫌いなうえに一人で飛行機に乗ったことがなく、不安と緊張がありましたが、無事に東京を二往復することができました。

1-1_20161122093558309.png 1-2_20161122093600e2d.png

せっかくなのでスカイツリーとソラマチへ寄ってみました。
某キャラクターの期間限定カフェがありましたが、一人で行っていたため自分が石にしまわれる写真は撮れませんでした

講習会の会場は、東京都文京区にある日本医科大学医学部の教育棟でした。日本医科大学の近くに東京大学もあります。大きい病院や大学が近くにいくつもあるなんて“都会”

2_20161122093601a53.png

位置としては上野の方です。
日本医科大学医学部教育棟は坂の上だったため、息切れしながら歩きました。
 
3_20161122093603cfc.png

講習会は4日間、朝~夕方までみっちり行われました。
内容としては、個人情報保護法や医師法などの基礎的なことから、医療書類作成、秘書業務、診療録管理、がん登録などなど盛りだくさんでした。資料も計200ページ弱…

4_20161122093604505.png

今回参加者は全国から100名ほどおられ、グループワークもあり意見交換もできました。
今まであまり学んだことのない事や、改めて学んだ事もありとても有意義な講習会となりました。
スライドや画像等、著作権や個人情報の関係で配付資料も厳選されていたため、講習会の写真をここに載せることが出来ませんでした

最後に、11月に日比谷で某漫画家の友人と会った際に、友人が撮影したゴジラ像です。缶ビールを手にしていた外国人が群がっていましたが、日本語とジェスチャーで話しかけたところ、写真撮影のため避けてくれ、さらにこの後シャッターまで押してもらえましたよ

5_20161122103848ab9.png

 鳥取県中部地震
  【平成28年鳥取県中部地震災害義援金】受付を開始しました <詳細はこちらから>

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2016.11.28 Mon l 学会へ行ってきました l top
緩和ケア部会事務局からお知らせです
今週、11月24日(木)18時より、「第11回 松江赤十字病院 緩和ケアシンポジウム」を開催いたします。

緩和ケアシンポジウムH28チラシ10_12
<画像クリックで拡大表示>

今回は、『生きるとは 緩和ケア~こころのケアと癒し~』をテーマとし
特別講師に 一畑薬師管長 飯塚大幸氏 をお招きしご講演いただきます。

患者さまやご家族さま、医療従事者、その他どなたでもご参加いただけます。
入場無料・申し込み不要ですので、多数のご来場をお待ちしています。
(松江赤十字病院 本館6階講堂にて  開場17:30  開演18:00)


自分が がんであると知ったら…自分の病状を知ったら… “昨日までと同じ自分” でいられるかどうか、私はあまり自信がありません。不安や悩みを抱えながらも、“自分らしく生きる”ことができれば・・と思います。
「病院の講演でお坊さん??」と意外に思われる方もあるかもしれませんが、緩和ケア・スピリチュアルケアについて、生きることについて、ゆっくり考える時間をみなさまと共有できればと思います。


 鳥取県中部地震
  【平成28年鳥取県中部地震災害義援金】受付を開始しました <詳細はこちらから>


かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2016.11.21 Mon l 病院いろいろ l top