療養支援に関わっているKです。

今年も暑い夏がやってきました。

夏といえば高校野球~p(@^^@)q

先日、浜山球場に野球応援に行ってきました。
子どもが野球部のマネージャーをしているため
時々応援に出かけています。

高校野球

入学して間もなく野球部のマネージャーをしたいと
言ってきたときには「大変だよ」と反対していたけど…

毎日遅くまで頑張っている姿をみていくうちに
あたたかく見守っていこうと思えるようになりました。(^^)

試合結果も大切だけど
同じ目標に向かってみんなが
一生懸命になれるってとても素晴らしいことですよね。

会場では、大会記念タオルを販売していて、今年も購入しました。

来年は第100回大会!
記念すべき年はどんな色になるのでしょうか。♪♪♪

大会記念タオル

「じぶん史上・最高の夏」という言葉と折鶴で心をこめて
マネージャーが作った「翔」、私は感動と元気をもらった気がします。

じぶん史上・最高の夏

今年の暑い夏もまだまだ続きます。

どんなすばらしいドラマが待っているのでしょうか。
それを楽しみに暑い夏を乗り切っていきたいと思います。




看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.08.18 Fri l あふた~ファイブ l top
こんにちは、タナカです。

夏ですね。
夏といえば夏休みですが、まとまった休日を利用して
旅行に行かれるという方も多いかと思います。

最近はLCCと呼ばれる格安航空会社が世界中の空港に就航しており、
ヨーロッパなど遠くの国にも手軽に行けるようになりました。

そこで今回は、手ごろな値段で行けた
スペイン旅行についてのお話をしたいと思います。

スペインには、北西部にある
サンティアゴ・デ・コンポステーラという場所へと続く、
800kmにおよぶ巡礼路があります。

わたしはそのうちのおよそ200kmを歩きました。

スペイン北部のパンプローナ(牛追い祭りで有名)という街を
出発地点とし、巡礼スタート。


写真②


1日の流れですが、朝5-6時に起床し、すぐに歩き始めます。


写真①


1-2時間程度歩けば街があるので、ここで朝食をとります。

朝食が済んだら再び歩き始め、途中で昼食をはさんで夕方まで歩き、
アルベルゲという巡礼宿に到着です。


写真③


アルベルゲで少し休憩し、晩ごはんを食べたり
同じ巡礼者と話したりして早めに寝ます。


写真④


とても単調な1日ですが、さまざまな景色を楽しめましたし、
スペインのローカルな雰囲気を味わうことができました。

今後もし長期に休みがとれたら、
残りの600kmを歩いてみたいと思います。


写真⑤



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.08.17 Thu l 病院いろいろ l top
7階西呼吸器センターの看護師のY子とB子です。

私たち呼吸器センターでは、呼吸器疾患に加え、様々な疾患と
向き合っている患者さんを支え、患者さんの思いに沿った看護、
満足できる療養生活ができること、患者様の立場に立って
接することを大切にしています。

また少しでも季節を感じたり、笑って歌ったりすることなど、
病気との付き合いを忘れてもらえたらと工夫しています。


春は花見に行きました。

ベッドや車いすで病院の後ろの立派な桜の木を眺め、
お菓子を食べたりして過ごしました。

久しぶりに笑顔になった患者さんの顔を見ることができ、
とても嬉しかったです。

春 お花見


秋には音楽会を開いています。

スタッフはみな大変芸達者で、ハンドベルの演奏、
高校時代やっていたトロンボーンなどを披露し、
たくさんの拍手をいただき毎年やみつきになっています。

秋の音楽界


呼吸器内科医師による呼吸器体操をお手本にみんなで行い、
患者さんにいつもと違う体験もしてもらいました。
体を伸ばすことは、肺にとても良いのですよ。

これらは、呼吸器センターの看護師だけではなく
リハビリのセラピストや栄養士、医療社会事業部なども
協力して行っています。

今年もまたいろいろなことを計画し、
頑張って療養している患者さんに喜んでいただけたらと思っています。

そんな温かい病棟を、みんなでこれからも目指していきます。



ブログ検索  呼吸器センター


部署紹介   7階西 呼吸器センター



看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。
2017.08.16 Wed l 看護 l top
OP室看護師のIです。

先日、PNSの実際を見学し、学びを深めるため
福井大学付属病院に行ってきました。

初日の整形病棟での一場面・・・

患者A:「看護婦さん、これなげとって、中の水」
看護師B:「水なげたらええんか?」
「水をなげる」・・・???

看護師さんは、患者さんからコップを受け取り
コップの中の水を捨てて戻って来られました。

なげる=捨てる という意味だったのです!

それ以外にも病棟では患者さんとの会話、ペア間の会話でも
「ほやの(そうだね)」
「ほやっけ?(そうなの?)」
など頭に「ほ」が付き、語尾の伸びる方言に癒されたひとときでした。

私は福井に行くのは3回目でしたが、
今回は初めて少し足を伸ばして丸岡城にも行ってきました。

そして食事も福井と言えば、へしこ!と思いがちですが、
オシャレなワインバーにも行ってみました。

写真 福井

丸岡城から見下ろす城下の町並みは、松江とよく似た感じなので、
他県に行ったという感覚はほとんどありません。

ただ・・・・・・・・遠い。
島根と同じで福井にも新幹線は通っていませんから(笑)

学び多き、そしてリフレッシュできた3日間を過ごしJRで帰松。


ご想像通り、その後は足のむくみが3日間とれず苦しみました(笑)



ブログ検索   PNS



看護部 HP

かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2017.08.15 Tue l 看護師の声 l top
こんにちは、栄養課の角森です。

どんな職業でも守らなければならない様々な重大な事がありますが、
食事を提供している栄養課にもやはり当てはまります。

1年365日毎日意識していること、
それはこれからの時期に多くなる「食中毒」です。

食中毒といいますと飲食店での食事によるものが
原因と思われがちですが、実は毎日食べている家庭の食事でも
かなりの割合で発生しているという報告もあります。

食中毒のなかには「細菌」(O-157など)「ウイルス」(ノロウイルスなど)
「自然毒」(フグの毒など)「化学物質」「寄生虫」(アニサキスなど)
など様々あります。

今回は昨年も掲載した「細菌」による食中毒に加えて
ノロウイルスについても書こうと思います。


ノロウイルス 

冬場に多く発生するので夏場は問題ないと思われがちですが、
生ガキや魚介類を原因食品とする事が多く、
1~2日後に突然吐き気に襲われ嘔吐や下痢が1~2日続きます。

次亜塩素酸ナトリウムに浸した布巾等での拭き取り、
アルコールによる二度拭きや熱湯消毒が有効です。
85~90℃90秒以上で死滅します。


腸管出血性大腸菌 

これは一番名前が知られているのが「O-157」かもしれませんね。
ベロ毒素と呼ばれている毒素を産出する大腸菌で、
「O-157」の他に「O-111」や「O-26」があったりします。
牛などの家畜が保菌している場合があり、これらの糞便に汚染された
食肉からの二次汚染により、あらゆる食品が原因となる可能性があります。

加熱により死滅します。


黄色ブドウ球菌 

傷口や化膿創に存在します。
エンテロトキシンという毒素を生成し、握り飯や乳製品、
卵製品、食肉製品、魚肉練り製品などが原因食品となることが多いです。

この毒素は100℃30分の加熱でも無害化されない毒素ですので、
手指洗浄が重要になります。


サルモネラ菌 

ペットや家畜の腸管に常在菌として存在している菌で、
卵や食肉(牛レバー刺し、鶏肉)などを原因食品とすることが多いです。

菌が増殖することで食中毒を発生しますが、75℃以上の加熱で死滅するため、
十分な加熱で予防できますが、過信は禁物です。


ボツリヌス菌 

ボツリヌス菌は芽胞(がほう)となって高温に耐えることができます。
缶詰や瓶詰、真空パック食品などが原因食品とすることが多いです。

毒素自体は加熱することで不活化できます。
しかし、菌を不活化させるには100℃で6時間、
芽胞では120℃で4時間の加熱が必要ですが、
ボツリヌス毒素自体は100℃で1~2分の加熱で死活させることができます。



代表的な細菌の対策を見ていても予防に重要なことは、

付けない」 食材の菌を落とす 二次汚染の防止に手指及び器具の洗浄をする

増やさない」 冷蔵・冷凍を活用して細菌を増やさないようにする

やっつける」 十分な加熱調理をする

食中毒を防止・予防して健康で楽しい食生活を送りたいものですね。



かかりつけ医を作ってください
かかりつけ医ポスター


松江赤十字病院ホームページ
松江赤十字病院フェイスブック
松江赤十字病院ツイッター



↑ FC2ブログランキングに参加中!クリックして応援よろしくおねがいします。

2017.08.10 Thu l 栄養課だより l top